会社四季報 業界地図(2018年版)を買いました

こんにちは

毎年恒例になっていますが、先日、会社四季報 業界地図(2018年版)を買いました。

「会社四季報」業界地図 2018年版



業界地図は、毎年9月くらいにいろいろな会社から発売されます。

株個別の情報を見るという意味では、会社四季報のほうが良いですが、業界地図の場合は、業界の事を知ることができるというメリットがあります。

巻頭には、業界の規模と給料が掲載されており、その後、各業界の状況、展望などとプレイヤーが掲載されるという構成になっています。

AI、ビッグデータ、東京五輪などは、注目業界として特に詳しく取り上げられています。

業界でなくても、注目度の高い事象(欧州の政治とか東芝)として取り上げられているものもあります。
(これらは株には役に立たない部分も多いのですが、世の中の流れを知る上では役に立つかと思います。)

何ページかパラパラと見てみましたが、今年はいつもより興味の引く銘柄が多いように感じています。

実際に投資するには、詳しい事業内容やバリュエーションを別途調べる必要はありますが、良い銘柄を見つけるきっかけにできると思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年8月の日本株の騰落率ランキング

こんにちは

今日は、2017年8月の日本株の騰落率上位の銘柄を見ていきます。
(なお、当月の新規上場銘柄は除いています。)

値上がり率3位は、(2588)プレミアムウォーターホールディングスで、610円→1,280円(+109.84%)でした。

事業内容は、富士山天然水を製造・販売です。

仮想通貨を用いた資金調達ICOを行うことが材料視されて、株価が上昇しています。

仮想通貨関連で株価が大きく上がる銘柄は多いですが、今回は新しい資金調達方法ということでなかなか興味深いです。うまくいくようであれば、同じ方法で資金調達する会社が増えてくるかもしれません。


値上がり率2位は、(6719)富士通コンポーネントで、465円→1,003円(115.70%)でした。

事業内容は、リレー、タッチパネル軸にサーマルプリンタや無線モジュール展開です。

電気自動車に使用される技術を持っていることが注目されていることや富士通の事業再編の思惑などが材料視されて、株価が上がっているようです。


値上がり率1位は、(3441)山王で、838円→1,828円(118.14%)でした。

事業内容は、電子機器用コネクターのメッキ加工です。

導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法に関する特許を取得したことが材料視されて株価が上昇しました。

この会社はもともと水素製造技術で注目されていますが、今回はまた別の特許が出て、いろいろと話題が豊富のようです。


先月は、どの銘柄も2倍ちょっとの上昇といつもよりやや控えめな上昇でした。

先回って買うのが難しい銘柄ばかりでしたが、興味深い銘柄が多かったです。

特に、プレミアムウォーターのICOがうまくいくかどうかに注目しています。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。