スーパーゼネコンの研究

こんばんは

今日は、酒を飲んで帰ってきたので、ヨッパライダーマンです。
(ヨッパライダーマンは、自称スパイダーマンの遠い親戚です

さて、あほなことを書くのはほどほどにして、昨日、先日に記事を書いたオリンピック関連銘柄に関係して建設業界を調べてみました。

建設業界は長年低迷していましたが、最近は震災の復興需要や自民党政権になり、国土強靭化政策が打ち出されたことから業績の回復が期待されています。
ただ、受注額が増えても、労務費の高騰や資材高などもあって、利益を伸ばすのは、そう簡単ではないようです。

建設業界と一口に言っても、たくさんの会社があるのですが、今回は大手であるスーパーゼネコンについて研究します。

ゼネコン


【スーパーゼネコンとは?】
年間の売上高が一兆円規模の、鹿島建設、清水建設、大成建設、大林組、竹中工務店(非上場)の5社のことを指します。


【各銘柄の分析】
 鹿島清水建設大成建設大林組
株価
(円)
359437399572
利回り
(%)
1.391.61.251.4
PER
(倍)
15.9258.1122.6731.14
PBR
(倍)
1.160.971.331.07

データ上は、どの会社もあまり割安ではありません。
また、配当利回りが低いのも気になります。

業績については、どの会社も近年は持ち直してきていますが、今期に劇的に拡大するという予想はされていません。

どうやら、アベノミクスによる業績拡大の期待のため、株価は上げたものの、実際に業績が良くなるのはまだ先の話になるということのようです。

オリンピックの開催地が東京に決まるのであれば、株価はさらに上がると思うので、買いたいのですが、そうでなければ、少し買いにくいです。

どの銘柄がいいか強いて言うなら、比較的PERが低い鹿島か大成建設でしょうか・・・

しかし、どの銘柄を選ぶにせよ、1単元が35万円以上と結構高いので、気軽には参戦できませんね
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。