日本銀行の金融政策決定会合の結果は現状維持でした

こんばんは。

金曜日の日本銀行の金融政策決定会合の結果は現状維持となり、相場は大幅下落しました。

私の予想は、ほぼ予想通りの政策が適用される→市場の反応はそれほど大きくない、または、材料出尽くしでやや下落するだったので、木っ端みじんに外れました

この結果は、ちょっと予想外で、短期的には相場は落ち込みそうです。
政策維持になるなら、日経平均500円くらいのマイナスはあり得ると思っていたのですが、ザラ場後の先物でさらに下がっており、どこで止まるのだろうという感じなっています。

株をいくらか保有しているので、短期的な相場の行方は心配なのですが、実は、個人的には今回の結果は、相場とかではなく日本経済とかもっと大きな視点で考えると良かったと考えています。

というのも、マイナス金利にせよETF買い入れにせよ導入する金融政策は、メリットもありますが、デメリットも大きく、導入するにせよ慎重にすべきだと思うからです。

今回事前に報道されていた日銀から企業への貸出をマイナス金利への適用は、将来的に不良債権を増やす可能性が高いし、ETFの購入についても日銀が多数の企業の大株主になるというあまり良くない状態になってしまい、売るときにどうするのかという問題があります。
(マイナス金利については、そもそも導入に懐疑的ではありますが・・・)

というのことで、政策の結果自体は、けっこう評価はしているのですが、保有している株の価格が下がるのはあまり気分が良くないので、複雑な感じです・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。