(7262)ダイハツ工業、(4658)日本空調サービス、(3512)日本フエルトの決算発表

こんばんは。

先日、いくつかの保有銘柄の決算発表があったので、メモをしておきます。

第3四半期の決算発表は本決算が近く、それほど大きい材料にならないと思っていましたが、インパクトのある発表もありました。

(7262)ダイハツ工業 (現在の株価:1,650円)

ダイハツ <7262> が1月29日大引け後(15:00)に決算を発表。
15年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比41.3%減の637億円に落ち込み、通期計画の1260億円に対する進捗率は50.6%にとどまり、5年平均の65.6%も下回った。
(株探ニュースより引用)


ダイハツの決算は良くありませんでした。
国内、海外ともに苦戦をしており、特に国内の利益の落ち込みが大きいです。

ニュースでは、タントやムーヴといった軽自動車が売れているというのを良く聞きますが、あまり利益率が良くないのでしょうか?
販促費増やルピア安が原因となっているようですが、心配です。

ただし、決算発表の翌日は、株価が上がり、まだ損切りするようなレベルでもないと思うので、しばらく我慢して保有を続けます。

ただ、想定以上の業績の悪化で、購入したときの思惑は外れています。
購入時は、円安が進むと思ったので、自動車銘柄を買ったのですが、よりによってこの銘柄を選んでしまい、センスが悪かったです。


(4658)日本空調サービス (現在の株価:873円)

日本空調 <4658> が1月30日大引け後(16:20)に決算を発表。
15年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比11.8%増の14.8億円に伸びた。
併せて、通期の同利益を従来予想の19億円→20億円(前期は19.2億円)に5.3%上方修正し、一転して3.8%増益見通しとなった。
(株探ニュースより引用)


日本空調サービスの決算発表は、上方修正と良かったです。
ただ、小幅減益→小幅増益なので、インパクトはあまり大きくないとは思います。


(3512)日本フエルト (現在の株価:550円)

フエルト <3512> が1月30日大引け後(15:00)に決算を発表。
15年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比12.7%増の8.5億円に伸び、通期計画の11.1億円に対する進捗率は76.8%となり、5年平均の76.8%とほぼ同水準だった。
(株探ニュースより引用)


日本フエルトの決算発表は、良くも悪くもなかったのですが、大きなニュースを2つ合わせて発表しました。

1つ目の発表は、最大30万株の自社株買いです。
もう1つは、株主優待制度の変更(おそらく多くの人にとっては改悪)です。


好材料と悪材料が1つずつ出たわけですが、この銘柄に関しては、優待目的で保有している人が多いと思うので、短期的には株価が下がる可能性が高いと思います。

業績もまずまずで、ここのところ株価の動きも良かったので、残念です。

優待変更の内容については、別の記事で詳しく見ていく予定です。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。