決算発表後の株価の意外な動き

こんばんは。
最近は、ずいぶん寒くなってきました

ここのところ、自分の保有銘柄の決算の情報をウォッチして、ブログにも書いていますが、決算の数字がわかっても、その後の株価の動きをうまく読めていません。

一般的には、市場の予想より良い決算が出れば株価は上がって、予想よりも悪い決算が出れば株価は下がります。

多くの銘柄の決算の発表は引け後に出るので、その翌営業日の寄付き近辺の株価が高くなるか低くなるかぐらいはわかるかと思っていたけど、そうでもなかったです。
(寄付きの株価がわかったところで、利益を出せるわけではないのですが・・・)

最近の決算発表後の動きで、意外だった銘柄の例を挙げると、飯田ホールディングス(決算の内容はこちら)とリクルートホールディングス(決算の内容はこちら)です。

飯田のほうは、かなり悪い決算だったので、当然株価は下がって、しばらくは上値が重い状態が続くと思ったのですが、決算発表の翌営業日の始値付近こそ低調だったもの、その後、急伸が続いています。
この結果を予想できる人は、あまりいなかったのではないかと思います。

リクルートのほうは、やや悪い決算で、翌営業日に6%を超える下落率で、急落してしまいました。
やや悪い程度の決算でここまで下げるのは意外でしたが、これまでの株価の動きが好調過ぎたことの反動と考えられなくもないのかもしれません。

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。