立会外分売銘柄の分析~OBARA GROUP~(2014/9/12分売実施)

(2014/9/11分析)

こんばんは

今日は、いろいろ書きたいことがありますが、週末に回して、(6877)OBARA GROUPの立会外分売の分析を行います。

【業務内容】自動車向け溶接機器の大手。消耗品販売兼営で強み発揮。各種半導体向け等平面研磨装置も展開
現在株価
(円)
3,710
分売価格
(円)
3,654
ディスカウント率
(%)
1.51
分売数量
(株)
60,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
200
分売実施日2014/9/12

【評価】★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り1.92%、予想PER13.74倍、実績PER15.41倍、PBR2.02倍と割安感はありません。
分売数量は少ないです。

業績好調で、貸借銘柄であり、分売数量が少ないことが好材料です。

ディスカウント率が低く、分売枚数が少なく、分売日も引っ張っているので、空売りがあまり入っていなさそうなのが懸念点です。

好材料が多いですが、ディスカウント率が低いことが気になるので、利益が出る可能性が少しだけ高いと予想します。

業績好調で、分売数量が少なく、貸借銘柄という素晴らしい条件がそろっているので、通常ならかなり評価を高くするのですが、ディスカウント率が低かったり、株価が上がるのを待って分売を行っているので、いまいちな感じです。

ルール違反ではないのですが、なんだか分売主が少しでも多く利益を出したいという意図が強く感じられ過ぎるので、あまり参加はしたくないという印象です。


(2014/9/12追記)

【結果】★★★
分売価格
(円)
3,654
始値
(円)
3,760
高値
(円)
3,760
安値
(円)
3,685
終値
(円)
3,715

前日終値を大きく上回って始まりましたが、そこが高値でその後は下落傾向でした。
とは言え、前日終値近辺でもみあう場面が多く、分売価格を常に上回りました。

寄付き近辺は、空売りの買戻しがあったのか思っていたより強かったですが、その後はほぼ想定通りでした。
前日にかなり値を上げ、ディスカウント率も低かったので、とても参加する気にはなれませんでしたが、しっかり利益が出ており、やはり貸借銘柄は強いと再認識しました。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

分売数量が少なめなので参加しようと狙っていました。
しかし初日に実施されず、分売前日には私がチェックしている証券会社では「受付中」になっていませんでした。
当日朝気付いたのですが、地合いが悪いのと前日の新規公開株がまだ寄っていなかったので申し込みしませんでした。

今週は
7月高値を超えてから順調に上がっていて、先週は水・木と下がりましたが金曜に切り返したので月曜の大幅高でも買い増していました。
火曜から下げ続けたのでかなり売りました。
4日続落は5月に上げ始めてから初めてなので来週も警戒しています。

Re: No title

がちゃぴんさん

こんにちは。

この銘柄は、分売枚数が少ないので、当選するのは大変だったような気がします。

相場はずいぶん強くなってきましたが、そろそろ調整があってもおかしくありませんね。

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。