立会外分売銘柄の分析~THEグローバル社~(2014/5/29分売実施)

(2014/5/28分析)

こんばんは

今日は、(3271)THEグローバル社の立会外分売の分析を行います。

【業務内容】首都圏マンション分譲のグローバル住販などを傘下に持つ持株会社。戸建て事業を第2の柱に
現在株価
(円)
470
分売価格
(円)
455
ディスカウント率
(%)
3.19
分売数量
(株)
650,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
2,000
分売実施日2014/5/29

【評価】★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り3.30%予想PER5.65倍、実績PER10.91倍、PBR1.19倍と割安感があります。
分売数量は、やや多いです。
(株主優待があるので、実際の利回りは表示より高くなります。)

貸借銘柄で、配当+優待利回りが高く、権利日が6月と近いこと、今期の業績が良さそうなことが好材料です。

消費増税の影響を受けやすそうで来期の業績が不安なことと立会外分売を良く行っていることが懸念点です。

貸借銘柄+権利日が近いので利益が出る可能性が高いと予想します。
今の地合いなら、思った以上に利益が出る可能性もありそうです。


(2014/5/29追記)

【結果】★★★★★
分売価格
(円)
455
始値
(円)
475
高値
(円)
502
安値
(円)
473
終値
(円)
494

前日終値を少し上回って始まり、その後はしばらく上昇しました。
後場の途中からは、少し下げ基調でしたが、それでも前日比+5%を超えて引けました。

思っていたよりずいぶん強かったです。
貸借銘柄+割安感があるので、良い条件とは思うのですが、ここまで上がる理由がいまいちわかりません・・・

650,000株と分売数量も多く、当選のしやすさも考慮に入れると今年1番良かった分売とも言えそうです。
私は申し込んでいませんが、こんなに上がるんなら申し込むんだった・・・

昨日の分売もかなり良かったし、今は分売にとって絶好調という地合いなのかもしれません。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして

セミリタイア関連のブログを徘徊していてたどり着きました。
立会外分売に関してここまで分析しているサイトを拝見したことは
ありませんでしたので、興味深く読ませていただきました。
-まだ全記事を読んだ訳ではありませんが-

立会外分売はIPОなどと比べて利益になっても幅が少ないなどの理由から皆さんあまり取り上げていないのかと
思われますが、トレーダー見習いさんの分析データを参考にすると
利幅は小さくても勝率の高い戦略がみえてきそうです。

更新 たいへんでしょうが頑張ってください。

Re: No title

がちゃぴんさん

初めまして。

確かにIPOと比べると、立会外分売は取り上げられていることは少ないのですが、このブログ以外にも何個かありますよ。
(立会外分売+予想やブログで検索すると出てきます。)
私の分析と切り口が違うものもあり、参考になると思います。

実は、私もそういったブログを参考にして立会外分売に参加していたのですが、せっかくなので、自分自身でも分析しようと思って、このブログでも記録し始めたのです。

立会外分売だけでは、脱サラはできなさそうですが、資産を増やす1つの手段としては使えると考えており、お役に立てればうれしいです。

今後ともよろしくお願いします。

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。