総合証券とネット証券

こんばんは

今日は、かなり基本的なことですが、総合証券とネット証券について書いてみます。

【総合証券】
担当者を介して、取引を行います。
野村證券、大和証券などが代表的な存在です。

メリットは、担当者に運用相談ができたり、いろいろ話を聞けることです。
(営業される可能性があるから、デメリットとも言えるかもしれませんが・・・)
また、大口顧客だと、IPO銘柄を優先して分けてもらえたり、優遇されることもあるようです。

デメリットは、手数料が高いことです。


【ネット証券】
パソコンや携帯電話を用いて、取引を行います。
SBI証券、楽天証券などが代表的な存在です。

メリットは、手数料が安く、時間や場所を問わずに取引ができることです。

デメリットは、相談をしにくく、運用を自分自身で行っていく必要があること(電話などで相談できるところもあるようですが)、パソコンやシステムのトラブルがあると取引ができないことです。


どちらも一長一短ありますが、私の場合は、手数料が安いことを重視しているので、ネット証券で取引しています。

ただ、証券会社の人がどういうことを考えて、どんな話をするか興味があるので、総合証券も開設してみても良いかなあとも思っています。

また、一口にネット証券と言っても、各社に特徴があり、異なる部分もあるので、また、別の機会に、私が利用している証券会社の比較をしてみます。


(2015/4/16追記)
比較してみました。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。