IPO銘柄の初値後の動き

こんばんは。

今年は、短期売買に力を入れるつもりですが、最近は寒くて、疲れ気味で株式投資のアイデアがあまり浮かびません
正確に言うと、アイデアは少しあったのですが、買おうと思っていた株の値段が上がってしまったので、今のところ買えていません。

できれば、リスクが少なく、リターンが期待できるIPOが当たるといいのですが、あいにく今まで1回も当たったことがないので・・・
ということで、IPOが当たらないなら、初値を付けた後に買ってみたらどうかと検証してみました。

検証対象は、昨年12月のIPO銘柄です。
昨年12月の銘柄は、日程的に過密スケジュールだったこともあり、急騰して初値が公募価格の数倍になったというものが少なく、初値後の動きが期待できるのではないかと考えました。

(追記)一部表記に誤りがあったので、表を修正しました。すみません・・・
銘柄名公募価格初値現在値
(2014/1/16)
騰落率
(初値~現在値)
ライドオン・エクスプレス2,0003,1053,1150.3%
オンコリスバイオファーマ2,6003,5003,100-11.4%
ホットリンク2,7007,17016,200125.9%
ブイキューブ3,3005,0106,22024.2%
エンカレッジ・テクノロジ1,7303,7553,130-16.6%
オウチーノ3,5008,0504,840-39.9%
日本アクア1,6502,0613,16053.3%
アズマハウス1,6001,7601,721-2.2%
シグマシクス3,0103,0206,490114.9%
イーグランド3,3004,2003,875-7.7%
アビスト3,4503,4502,900-15.9%
アーキテクツ
スタジオ・ジャパン
2,0504,6003,850-16.3%
ウィルグループ2,8702,7502,614-4.9%
ダイキアクシス1,3001,3511,319-2.4%
足利ホールディングス42045159030.8%
シンプロメンテ9502,2351,750-21.7%
ヒューマン・メタボローム・
テクノロジーズ
1,4003,1003,94027.1%

結果は、7勝10敗でした・・・
やっぱり、多くのIPO銘柄にとっては、初値(やそれからほんの少しの間)が1番輝けるチャンスということかもしれません。

全体的には、ぱっとしませんが、初値がいまいちでその後の伸びが良いブイキューブや日本アクア、シグマシクス、足利ホールディングスのような銘柄を選べたらなあと思います。
(ホットリンクは別格ですね・・・よほど話題性があったということだと思います。)

逆にオウチーノのような銘柄は、避けないといけません。(こういう銘柄は、12月は初値が低い銘柄が多いので少ないですが、12月以前はもっと多いです。)

今回の検証は、あまり良い投資アイデアにはつながりませんでしたが、応募するときにIPO銘柄の研究をしているので、仮に抽選に当たらなくても、うまく事前の研究を生かして利益につながるようなアイデアを考えて実践したいところです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

逆パターンで、IPO株を空売りしてみる戦術とかはどうなのでしょう?

IPO株は公募価格と比較して初値の方が高くなるというジンクスは、
けっこう昔からあったと思いますが、その初値をつけてからその後どうなったのかを検証するともっと面白い傾向がわかるかもしれませんね。

このIPO空売戦術なら、抽選で当たらなくても使えます。

Re: No title

三振男さん

コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、空売りできるなら初値が高騰した銘柄を狙って行えば、利益が出る可能性が高いと思います。

しかし、IPO直後は貸借銘柄ではないので、制度信用取引で空売りはできませんし、一般信用取引でも難しいのではないでしょうか・・・



> 逆パターンで、IPO株を空売りしてみる戦術とかはどうなのでしょう?
>
> IPO株は公募価格と比較して初値の方が高くなるというジンクスは、
> けっこう昔からあったと思いますが、その初値をつけてからその後どうなったのかを検証するともっと面白い傾向がわかるかもしれませんね。
>
> このIPO空売戦術なら、抽選で当たらなくても使えます。

No title

IPOの空売りついて個人では出来ないことを
失念しておりました。すいません。
私もここで一つ利口になりました。ありがとうございます。

これを機に私ももう少し調べてみたのですが、
これはどうやら、ファンドレベルの人間はこの戦術ができるらしいです。
ズルいですよね。

でも、できたらできたで逆日歩がすごくきつそうな気もします。

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。