立会外分売銘柄の分析~大光~

(2013/10/7分析)

こんばんは

今日は、(3160)大光の立会外分売の分析を行います。

【業務内容】中京地盤の食品卸。ホテルや外食など顧客。業務用食品スーパー『アミカ』やネットショップも
現在株価
(円)
552
分売価格
(円)
536
ディスカウント率
(%)
2.9
分売数量
(株)
50,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
1,000
分売実施日2013/10/8

【評価】★★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り1.86%、PER36.41倍、PBR1.48倍と割安感はありません。
分売数量は少ないです。
(株主優待があるので、実際の利回りは表示より高くなります。)

株主優待がかなり良く、実際の利回りは3.5%を超えること(中部圏でアミカを利用する方はさらに利回りが上がります)、分売数量が少ないこと、今期の業績が良さそうなことが好材料です。

PERが高めなことが少し気にはなりますが、明日の地合がよほど悪くない限りはそこそこの利益が出ると予想します。


(2013/10/8追記)

【結果】★★★
分売価格
(円)
536
始値
(円)
547
高値
(円)
551
安値
(円)
546
終値
(円)
546

分売価格を上回って始まり、その後は少し値を上げて推移しましたが、最後は少し株価を下げて終わりました。
それでも、取引時間中、分売価格を下回ることはありませんでした。

思っていたより少しだけ弱かったですが、ほぼ予想通りの結果でした。
今日は市場も反発すると思ったので、うまくいけば前日終値も回復すると考え、評価を★4つにしましたが、そこまでは強くなかったですが・・・

分売数量が少ないことと良い優待、かつ、権利日が11月末と近いことも良かったと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

perを見られるサイト

こんばんは。
PERは、どちらを見てらっしゃるのでしょうか?
といいますのは、私はいつも、perやpbrは
sbi証券のサイトを見ておりまして、データの更新が遅く、
大光のperは14.45倍となってしまっています。
もう少し新しいデータはどこで見られるのかと思いまして、
質問させていただきました。
よろしくお願い致します。m(__)m

Re: perを見られるサイト

こんばんは。

PERは、基本的にはYAHOOファイナンスで見ています。
(株式分割とかがあると見れないので、自分で計算したり別のサイトを見ることもありますが・・・)

ただ、YAHOOファイナンスの数字は、前期の業績を基にした実績PERなので、emiさんがお探しの新しいデータではなくて、むしろ古いデータです。
(SBI証券は今期の業績の予想を基にした予想PERを表示しているので、YAHOOファイナンスの値との間に違いがあります。)

予想PERを用いて分析する方が多いと思いますが、私は、実績PERと業績の予想を別々に見るという分析手法を用いています。

もしかしたら、最新の四半期のデータを基にしているような新しいデータを見れる場所もどこかにあるのかもしれませんが、私は知らないです。
すみません・・・

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。