立会外分売銘柄の分析~日本和装ホールディングス~(2017/11/30分売実施)

(2017/11/29分析)

こんばんは

今日は、(2499)日本和装ホールディングスの立会外分売の分析を行います。

【事業内容】着物、帯、和装小物などの販売仲介業者で手数料収入が収益源。無料着物着付け教室を展開
現在株価
(円)
423
分売価格
(円)
414
ディスカウント率
(%)
2.12
分売数量
(株)
200,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
1,000
分売実施日2017/11/30

【評価】★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り2.41%、予想PER16.93倍、実績PER21.41倍、PBR1.50倍と割安感はありません。
分売数量は、普通です。
(きものメンテナンス券の株主優待があります。)

業績はまずまず好調で、東証一部への鞍替え目的であることが好材料です。

ディスカウント率がやや低いことが懸念材料です。

東証一部への鞍替え目的であることや株価水準も割高ではないこと、また普段の出来高を考えると分売数量がそれほど負担にならなさそうなので、少し利益が出ると予想します。


(2017/11/30追記)

【結果】★★★
分売価格
(円)
414
始値
(円)
430
高値
(円)
433
安値
(円)
416
終値
(円)
421

前日終値を上回って始まりましたが、長続きせず、前日終値の少し下の水準で推移しました。
後場では、一時、前日終値を上回る場面もありましたが、結局、前日終値を少し下回って引けました。

ほぼ予想通りの結果でした。

鞍替え目的であることや普段の出来高が多いことなど好材料は多かったことが良かったと思いますが、ディスカウント率が低かったことが痛く、利益がそれほどにはならなかった感じです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

立会外分売銘柄の分析~Ubicomホールディングス~(2017/11/29分売実施)

(2017/11/28分析)

こんばんは

今日は、(3937)Ubicomホールディングスの立会外分売の分析を行います。

【事業内容】オフショアのシステム開発と医療関連ソフトが柱。フィリピンに開発拠点、現地採用活発
現在株価
(円)
1,450
分売価格
(円)
1,406
ディスカウント率
(%)
3.03
分売数量
(株)
50,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
100
分売実施日2017/11/29

【評価】★★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

無配当、予想PER73.21倍、実績PER139.89倍、PBR12.85倍と割安感はありません。
分売数量は、少ないです。

分売数量が少なく、業績も好調、東証一部への鞍替え目的であることが好材料です。

株価が割高なことが懸念材料です。

好材料が多い(特に分売数量が少ないことが大きい)ことからそこそこの利益が出ると予想します。

業績が伸びているとはいえ、無配当、PER70倍越えというおそろしく割高の銘柄なので、私には怖くて手を出せませんが、分売で当たって短期で売る分には勝てる可能性は高いと思います。


(2017/11/30追記)

【結果】★★★★★
分売価格
(円)
1,406
始値
(円)
1,465
高値
(円)
1,538
安値
(円)
1,456
終値
(円)
1,477

前日終値を少し上回って始まり、そこから大きく上昇しました。
前場の途中から失速はしましたが、前日終値より上の水準はキープし続けました。

予想よりもだいぶ強かったです。
特に、途中の急伸には驚きました。

分売数量が少なく、勢いのある銘柄というのが良かったと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

立会外分売銘柄の分析~美濃窯業~(2017/11/28分売実施)

(2017/11/27分析)

こんばんは

最近は、立会外分売が多いですね。

明日も3銘柄の立会外分売がありますが、今日はそのうちの一番尖った(?)銘柄の分析です。

ちなみに、他の2銘柄は、やや良い~良いという評価ですが、同じようなタイプの分売ばかり分析することが多いので、今回は気分を変えてみました。

ということで、今日は、(5356)美濃窯業の立会外分売の分析を行います。

【事業内容】セメント向け耐火れんが中堅。独立色。れんが張り替えなどプラントにも注力。ニューセラ強化
現在株価
(円)
403
分売価格
(円)
390
ディスカウント率
(%)
3.22
分売数量
(株)
226,000
最低申込数量
(株)
1,000
申込上限数量
(株)
3,000
分売実施日2017/11/28


【評価】★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り1.79%、予想PER6.97倍、実績PER7.18倍、PBR0.50倍と割安感があります。
分売数量は、普通です。

割安感強く、業績もまずまずなことが好材料です。

普段の出来高が少なく、分売数量が負担になりそうなことが懸念材料です。

悪い銘柄ではありませんが、普段の出来高を考えると分売数量が負担になるという点が大きく、損失が出る可能性が少し高いと予想します。

(2017/11/27追記)

【結果】★★★
分売価格
(円)
390
始値
(円)
395
高値
(円)
403
安値
(円)
390
終値
(円)
397

分売価格を少し上回って始まり、しばらくは分売価格より少しだけ上の水準で推移しましたが、しばらくして前日終値まで上昇しました。
後場に入ると上値が重くなったものの、それでも最後まで分売価格より高い水準で推移しました。

思ったより強かったです。
上値は重かったのですが、予想より株価が高い水準で推移しました。

銘柄的に悪くなく、割安感が強かったことが良かったのかもしれません。

最近は、私の予想が辛すぎるのか、だいたいは予想より少し上という結果が多いですね。

★1つくらい余分につけたら予想が当たるのかなあ・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

立会外分売銘柄の分析~ジェイエスエス~(2017/11/27分売実施)

(2017/11/25分析)

こんばんは

今日は、(6074)ジェイエスエスの立会外分売の分析を行います。

【事業内容】スイミングスクール専業。関西軸に直営と受託で全国展開。ジュニアからの競泳選手育成に定評
現在株価
(円)
1,164
分売価格
(円)
1,140
ディスカウント率
(%)
2.06
分売数量
(株)
41,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
100
分売実施日2017/11/27

【評価】★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り1.09%、予想PER12.67倍、実績PER13.45倍、PBR1.89倍と割安感はありません。
分売数量は、少ないです。
(自社サービスを受けられる株主優待があります。)

分売数量が少なく、業績が良く、特に割高感のある株価水準ではないことが好材料です。

ディスカウント率が低いことが懸念材料です。

分売量が少ないことが大きく、少し利益が出ると予想します。


(2017/11/27追記)

【結果】★★★
分売価格
(円)
1,140
始値
(円)
1,200
高値
(円)
1,200
安値
(円)
1,150
終値
(円)
1,156

寄付直後は、前日終値をかなり上回って始まりましたが、すぐに株価を下げ、その後は前日終値と同水準で推移しました。
結局、前日終値を少し下回って引けました。

分売数量が少なかったのは良かったのですが、ディスカウント率が低かったので、利益がそれほど出なかったという感じです。

寄付時の高値は予想していませんでしたが、前日終値と同水準で推移すると思っていたので、ほぼ想定通りの結果でした。

毎回、今回くらいの予想ができると良いのですが・・・


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

立会外分売銘柄の分析~ベルパーク~(2017/11/24分売実施)

(2017/11/23分析)

こんにちは

今日は、(9441)ベルパークの立会外分売の分析を行います。

【事業内容】ソフトバンク主体の携帯電話販売代理店。OCモバイルの買収で3携帯会社のショップを運営
現在株価
(円)
3,030
分売価格
(円)
2,908
ディスカウント率
(%)
4.02
分売数量
(株)
82,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
2,000
分売実施日2017/11/24

【評価】★★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り1.38%、予想PER10.94倍、実績PER11.31倍、PBR1.00倍と少し割安感があります。
分売数量は、やや少ないです。
(株主優待はクオカードなので、1単元保有の場合は、利回りが2%を超えます。)

ディスカウント率が高く、分売数量が少なめ、業績安定的で、やや割安感があることが好材料です。

業績の伸びがいまいちであることと1単元の価格がやや高く買いずらいことが懸念材料です。

銘柄的にも悪くなく、ディスカウント率が高く、分売数量も少なめなことが大きく、そこそこの利益が出ると予想します。

前営業日にマイナス6%超と急落したことが少し気になりますが、地合がよほど悪くない限りは問題ないと思います。

(2017/11/25追記)

【結果】★★★★★
分売価格
(円)
2,908
始値
(円)
3,100
高値
(円)
3,245
安値
(円)
3,100
終値
(円)
3,200

前日終値を上回って始まり、そこからさらに上昇しました。後場に入って、さらに少し株価を上げて、結局、前日終値を5%以上超える水準で引けました。

前日終値を回復する程度と予想していたので、思っていたよりずいぶん強くて驚きました。
ディスカウント率が高いことと前日の急落の反動があったことで、10%近くも利益が出るとは・・・

ディスカウント率が高かったことと分売数量が少なめだったことが良かったと思います。

1単元の株価がそこそこ高いこともあって、利益の額自体も大きく、最高クラスの良い分売でした。
私も応募すれば良かったです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

立会外分売銘柄の分析~田辺工業~(2017/11/22分売実施)

(2017/11/21分析)

こんばんは

今日は、(1828)田辺工業の立会外分売の分析を行います。

【事業内容】化学プラントを主体とする中堅総合プラント工事会社。関東、中部が地盤。タイで表面処理事業
現在株価
(円)
1,003
分売価格
(円)
983
ディスカウント率
(%)
1.99
分売数量
(株)
200,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
1,000
分売実施日2017/11/22

【評価】★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り2.03%、予想PER8.75倍、実績PER8.79倍、PBR0.80倍と割安感があります。
分売数量は、普通です。
(株主優待はクオカードなので、1単元保有の場合は、利回りが3%を超えます。)

割安感が強いことと今回の分売が東証一部鞍替えを目指すためのものであることが好材料です。

ディスカウント率が低いことと今期の利益はいまいちと予想されていることが懸念材料です。

割安感強く、業績も今期はいまいちとは言え、ここ数年まずまず良く、好材料が多いので、素直に、利益が少し出ると予想します。(ディスカウント率がもう少し高ければ★4つにしたのですが。)

ディスカウント率が低いので、利益はそれほど出ないと思いますが、長期保有するのもおもしろそうな銘柄です。

ただし、最近は相場の変動が激しいので、分売の結果は地合に左右される可能性も高いです。

(2017/11/23追記)

【結果】★★★★
分売価格
(円)
983
始値
(円)
1,033
高値
(円)
1,048
安値
(円)
1,019
終値
(円)
1,031

前日終値を3%程度上回る水準で始まり、開始直後は少し下がったり、上がったりする場面もありましたが、おおむね、安定的に推移しました。
結局、前日終値プラス2.79%で引けました。

前日終値を回復する程度と予想していたので、思っていたより強かったです。

地合が良かったこともありますが、割安感があって、価格帯も買いやすいことが良かったと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

立会外分売銘柄の分析~山田コンサルティンググループ~(2017/11/21実施)

(2017/11/20分析)

こんばんは

今日は、(4792)山田コンサルティンググループの立会外分売の分析を行います。

【事業内容】経営コンサル大手。事業再生・事業承継に強み。M&A案件を強化中。アジア等海外コンサルも
現在株価
(円)
2,725
分売価格
(円)
2,644
ディスカウント率
(%)
2.97
分売数量
(株)
220,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
4,000
分売実施日2017/11/21

【評価】★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り1.41%、予想PER27.07倍、実績PER33.08倍、PBR4.99倍と割安感はありません。
分売数量は、普通です。
(株主優待として、自社グループ出版物があります。)

業績絶好調で、業務内容がM&A関連と時流に乗っている点が好材料です。

株価がずいぶん上がってしまっていることが懸念材料です。

株価がけっこう上がってはいますが、割高過ぎるわけではなく、業績が非常に良いことを評価して少し利益が出ると予想します。

ただ、最近は相場の変動が激しいので、地合に左右される面がとても大きく、結果も地合次第になりそうです。

最近は、業績好調、かつ、株価高値圏という銘柄の立会外分売が多いですね・・・
もうちょっと違うタイプの銘柄を分析してみたくなってきました。


(2017/11/21追記)

【結果】★★★★★
分売価格
(円)
2,644
始値
(円)
2,725
高値
(円)
2,893
安値
(円)
2,701
終値
(円)
2,860

前日終値と同値で始まり、最初のうちこそ少しだけ株価が下がりましたが、その後は一気に上昇に転じました。
後場に入っても勢いは衰えず、年初来高値を更新し、結局、前日終値比プラス5%程度で引けました。

想定よりずいぶん強かったです。

地合がかなり良かったことも強かった原因の1つとは思いますが、銘柄自体に勢いがありました。

この銘柄は、業績が非常に良く、またいろいろな雑誌で取り上げられるなど時流にも乗っており、別格というイメージは持っていましたが、ここまでとは・・・

前回のアオイ電子で思いっきり的外れな予想をしたこともあって、ちょっとびびってしまっていたのです。

少し前から立会外分売の分析を復活してみましたが、なかなか良い予想ができていませんね
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(5857)アサヒホールディングスが公募増資を発表


11/14の引け後に、保有株のアサヒホールディングスが公募増資を行うことを発表しました。

会社からの発表によると、新規設備投資、既存設備の増強投資等のために、272万株の公募増資、自己株処分による340万株の株式売り出しを行うようです。

これを受けて11/15は、株価が10%超(2,335円→2,063円)も下がってしまいました。

増資には、メリット、デメリットがありますが、1株当たりの利益が減るデメリットが大きいと考えられてか、発表直後は株価が下がることがほとんどです。

今回もそのほとんどのケースに当てはまって、株価が大きく下がりました。

公募増資、自己株処分合わせて600万株を超えており、現在の発行済み株数の2割くらいに相当する規模というのがかなり痛かったです。

目的が新規設備投資などなので、調達して得た資金をうまく使って利益を増やしてくれれば、長期的には株価も上がっていくのでしょうが、前期に巨額ののれんの減損を出しているなど過去のM&Aの失敗の埋め合わせに資金が使われる印象があって、あまり良いイメージではないのです・・・

今年は良いニュースが多かったのですが、ここにきて、ファンコミュニケーションズのコンセンサス未達、ブリヂストンの下方修正など悪いニュースが増えてきました。

そして、間の悪いことに、少しでも悪いニュースが出ると、かなりの勢いでたたき売られる相場になっています・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

立会外分売銘柄の分析~アオイ電子~(2017/11/15分売実施)

(2017/11/14分析)

こんばんは

今日は、(6832)アオイ電子の立会外分売の分析を行います。

【事業内容】独立系の電子部品製造。半導体集積回路組み立て・検査受託が柱。印刷ヘッドや抵抗器の製造も
現在株価
(円)
5,430
分売価格
(円)
5,294
ディスカウント率
(%)
2.5
分売数量
(株)
150,000
最低申込数量
(株)
100
申込上限数量
(株)
300
分売実施日2017/11/15

【評価】★★★ (★5つが満点:分売日当日の評価です。)

利回り1.06%、予想PER14.53倍、実績PER14.96倍、PBR1.44倍と割安感はありません。
分売数量は、普通です。

今期業績が良く、財務が安定していることが好材料です。

株価がここ1ヶ月くらいでけっこう上がってしまったことと普段の出来高がそれほど多くなく、分売数量が負担になりそうなことが懸念材料です。

株価がけっこう上がってはいますが、まだ割高ではないので、業績が良いことを評価して少し利益が出ると予想します。

ただ、1単元が50万円超と気軽に参加できる分売ではないですね。

また、市場が大きく動く可能性があるので、日経平均先物の動きを見てから判断するのが無難です。
(日経平均先物が軟調の場合は、1単元の価格が大きいこともあり、見送ったほうが良いでしょう。)

(2017/10/30追記)

【結果】★
分売価格
(円)
5,294
始値
(円)
5,320
高値
(円)
5,320
安値
(円)
5,100
終値
(円)
5,100

始値は分売価格を上回って始まりましたが、その後はじりじりと下落しました。後場に入っても下落は止まらず、引け前には大きく崩れて、結局前日比マイナス6%程度で引けました。

想定していたよりずいぶん弱かったです。
銘柄が悪かったというより、とにもかくにも地合が悪過ぎました。

また、ディスカウント率が2.5%とやや辛かったことも地味に痛かったです。

市場が軟調なときは、分売で買うメリットはない(分売で買わなくても安い株価で買える)ので、当面の間は、分売には厳しい相場になる可能性が高そうです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

3万円~7万円で買える高配当株をスクリーニングしてみた

こんにちは

今日は、3万円~7万円で購入できる高配当株をスクリーニングしてみました。

なぜ、こんなことをしたかというと、私の今年のNISAの残り枠が7万円程度になったので、7万円くらいで買える銘柄を探したいと思ったからです。

3万円以上と対象を広げているのは、3万円ちょっとの銘柄を2単元買うことも想定したためです。

では、スクリーニングの結果です。

【抽出条件】
①3~7万円で購入できる
②(予想)配当利回りが3%以上
③(予想)経常利益伸び率が5%以上
④(予想)PERが15倍以下


上記4つの条件を満たす銘柄は、16銘柄ありました。

銘柄コード銘柄名予想
配当利回り(%)
8737あかつき4.40
8903サンウッド4.05
3286トラストHD3.97
8996ハウスフリダム3.73
7838共立出版3.71
3245ディア・ライフ3.65
9446サカイHD3.47
8070東京産業3.4
3241ウィル3.31
9359伊勢湾海運3.23
1873日本ハウスHD3.23
9444トーシン3.22
8999グランディハウス3.21
9831ヤマダ電機3.09
2768双日3.05
7593VTHD3.00

全体的な特徴としては、不動産業が6銘柄と多いです。

また、業績が今期だけでなく、ある程度の期間伸びているのを確認するために、経常利益成長率(3期平均)5%以上という条件を加えると、5銘柄(共立印刷、ディア・ライフ、ウィル、ヤマダ電機、双日)しか該当せず、業績が不安定な銘柄が多いという印象です。

もう少し詳しく調べてみる必要はありますが、今まで投資した銘柄、調べたことのある銘柄の情報などを加味して、パッと見では、ディア・ライフ、ウィル、伊勢湾海運、双日が良さそうです。

私のポートフォリオは、不動産業が多いので、不動産は避けたいのですが、ディア・ライフだけは、業績好調に加えて、株主優待もあって利回りが高くなるので検討の余地がありそうです。

あと気になるのは、ヤマダ電機ですね。
家電販売店はだめというイメージが強いですが、業績が意外に良くて驚いています。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
関連記事
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。