日経平均とTOPIX、どちらを買えば良い??

こんばんは。

以前に、日経平均連動型ETFTOPIX連動型ETFの記事を書きましたが、自分で書いていて、疑問を持ったのが、いったい、どちらを買えば良いのだろう?ということです。

株価指数の記事を書いたときに、この2つの指数の特徴を少し書きましたが、今日は、ETFとして買うにはどちらが良いのかという視点で検討してみます。

より上がりそうな方を買うというのが当たり前の答えなんですが、それがわからないので、いろいろな視点から考えてみます。

【銘柄数と主な構成銘柄】
銘柄数は、日経平均が225、TOPIXが1,900ちょっとです。

主な構成銘柄は、
日経平均がファーストリテイリング、KDDI、ソフトバンク、ファナックなどです。
TOPIXがトヨタ、三菱UFJフィナンシャルグループ、日本電信電話、ソフトバンクなどです。


日経平均の特徴としては、銘柄数が少なく、また主力銘柄が与える影響がかなり大きいです。
(2016/2末時点で、ファーストリテイリングは、日経平均の時価総額の7.5%、KDDI、ソフトバンク、ファナックも各4%ほどを占めるため、この4銘柄で日経平均の時価総額の2割程度を占めます。)

TOPIXについては、時価総額の大きな銘柄の影響が大きいものの、1番大きなトヨタでもTOPIXの時価総額の4%に届かないくらいです。

ということで、TOPIXのほうが分散効果が高く、日経平均は特定の銘柄の影響が大きくなっています。


【信託報酬】
以前の記事に書いたように、日経平均(0.14~0.225%)、TOPIX(0.06~0.11%)とTOPIXの方が安いです。
ただし、どちらもかなり低い水準で、大きな差ではありません。


【過去のパフォーマンス】
2005~2015年の日経平均、TOPIXのパフォーマンスは以下の通りです。
 TOPIX日経平均
200543.50%40.24%
20061.90%6.92%
2007-12.22%-11.13%
2008-41.77%-42.12%
20095.63%19.04%
2010-0.97%-3.01%
2011-18.94%-17.34%
201218.01%22.94%
201351.46%56.72%
20148.08%7.12%
20159.93%9.07%
累計34.59%65.67%

パフォーマンスは、日経平均の方がかなり高いです。

自民党に政権が変わる少し前から日経平均のほうがパフォーマンスが良くなっていることは知っていましたが、調べてみるとそれ以前の時期にも日経平均がTOPIXをかなり上回っている時期がありました。(2006年、2009年)

結果として、11年間の累計で日経平均65.67%に対し、TOPIX34.59%とかなり差がついています。


<結論>
完全に個人的な見解になりますが、過去のパフォーマンスの差が大きいので、私なら日経平均のほうを選びます。

もちろん、このパフォーマンスは過去のもので、あくまで参考情報であり、今後の結果についてはなんの保証にもならないのですが、これだけ差があるとTOPIXのほうを選ぶ気にはなれないです。
(個別銘柄であれば、材料や業績で変わってくるので、それほど過去のパフォーマンスを気にしないのですが。)

実は、記事を書く前は、日経平均のほうが最近のアベノミクスでのパフォーマンスがやや高いものの全体的にそれほど差がなく、TOPIXのほうが分散効果が高く、微々たるものとはいえ、信託報酬が安いので、TOPIXのほうが良いのではと考えていたのですが、実際に調べてみて考えが変わりました。

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

TOPIX連動型ETF

こんばんは。

今日は、前回の日経平均連動型ETFに引き続いて、TOPIX連動型ETFについて取り上げます。

このタイプのETFは6種類あるので、前回と同様に比較してみます。

重要と思われるのは、以下の4点です。
(日経平均連動型のときとほぼ同じです。)

①流動性
流動性がないと買いたいときに買えない、売りたいときに売れないという困ったことが起きます。
後で、各ETFの出来高を比較します。

②信託報酬
信託報酬が高いと保有を続けるだけで目減りしていくので、安いに越したことはありません。
ただし、日経平均連動型以上に、このタイプのETFの信託報酬はどれも安いので大きな問題ではありません。
一応、後で、各ETFについて比較します。

③指数との連動性
TOPIXと連動性が悪ければ意図した投資にならないので良くないのですが、実際はどこの会社もシステム化していて問題がないかと思います。
(厳密には、指数との乖離率を調べたほうが良いのかもしれませんが、そこまでやる必要はないかと。)

④価格
あまりに高額だと、買えません・・・
しかし、1銘柄を除き、どのETFも2万円も出せば買えるのでこの点は問題ありません。
(1銘柄(コード:1308)についても15万円程度なのでそれほど気にしなくても良さそうです。)

ということで、流動性と信託報酬についてETFごとに比較してみました。

【TOPIX連動型ETFの出来高と信託報酬】
銘柄コード管理会社信託報酬2/26出来高1単元
1305大和0.110%309,74010株
1306野村0.110%8,181,89010株
1308日興0.088%1,101,300100株
1348三菱UFJ0.078%87,69010株
1473DIAM0.078%14,01010株
1475ブラックロック0.060%35,8741株

前述したように、どのETFも信託報酬は安いです。
前回に比較した日経平均連動型に比べてもさらに安いです。

流動性については、2/26の出来高を見てみましたが、1473、1475がやや少ない感じです。

うーん、どの銘柄でも問題なさそうですが、1306が無難でしょうか・・・

日経平均のときもそうでしたが、野村・・・出来高多い、日興・・・1単元の価格が高いなどのように、運用会社によって特徴がありますね。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

日経平均連動型ETF

こんばんは。

先日のブログでも書いたように、しばらくは、ETFの売買を行いたいと思います。

とは言え、ETFを今まで売買したことはあまりなく、また特殊なもの(原油とかインバース型とか)が多かったので、初心に帰って(?)シンプルなETFを検討します。

今回は、日経平均連動型ETFについて取り上げます。

このETFのメリットはいうまでもなく、わかりやすいということと指数に連動するタイプなので、信託報酬も安いです。

少し調べてみたのですが、日経平均連動型のETFは8種類あって(レバレッジ型、インバース型を除く)、どれを売買したら良いかわからなかったので、比較してみました。

重要と思われるのは、以下の4点です。

①流動性
流動性がないと買いたいときに買えない、売りたいときに売れないという困ったことが起きます。
後で、各ETFの出来高を比較します。

②信託報酬
信託報酬が高いと保有を続けるだけで目減りしていくので、安いに越したことはありません。
ただし、前述したようにこのタイプのETFの信託報酬はどれも安いので大きな問題ではありません。
一応、後で、各ETFについて比較します。

③指数との連動性
日経平均と連動性が悪ければ意図した投資にならないので良くないのですが、実際はどこの会社もシステム化していて問題がないかと思います。

④価格
あまりに高額だと、買えません・・・
しかし、1銘柄を除き、どのETFも2万円も出せば買えるのでこの点は問題ありません。
(1銘柄(コード:1330)についても15万円程度なのでそれほど気にしなくても良さそうです。)

ということで、流動性と信託報酬についてETFごとに比較してみました。

【日経平均連動型ETFの信託報酬と出来高】
銘柄コード管理会社信託報酬2/23出来高1単元
1320大和0.160%184,9221株
1321野村0.220%1,015,9591株
1329ブラックロック0.170%14,1071株
1330日興0.225%131,37010株
1346三菱UFJ0.170%82,7561株
1369DIAM0.155%1,2661株
1397三井住友0.140%151株
1578日興0.225%3861株

信託報酬については安く、どれを選んでも問題ないと思います。
とは言え、他の条件が同じならば少しでも信託報酬が安いETFを選びたいところです。

流動性については、今日の出来高を見てみました。(本当は、ある程度の期間の平均を取ったほうが良いのですが。)
1397はかなり少なく、1369,1578はちょっと心細い感じです。
1321の出来高は圧倒的ですね・・・やっぱり野村のネームバリューは大きいのかなあ・・・

ということで、結論としては、ある程度以上の出来高があり、かつ、信託報酬も安めということで、個人的には1320が良いかなあと思います。
(大和の回し者じゃないよ!!)
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

証券口座の比較

こんばんは

今日は、私が利用している証券口座の比較をしてみます。

私が保有している証券口座は、野村N&C、楽天証券、SBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券(オンライントレード)の5つです。

私の利用方法から考えた比較に過ぎないので、かなり偏りがありますが、新しく口座を作る人や追加で口座を作ることを考えている人の参考になればと思います。

なお、私の主な利用方法は、現物取引(主に数か月以上の長期保有)、IPO、立会外分売です。

では、早速、各項目の比較をしていきます。

【各項目の評価】
 野村N&C楽天証券SBI証券マネックス証券SMBC日興
手数料
操作性
IPO×
立会外分売××


【手数料】
購入金額野村N&C楽天証券SBI証券マネックス証券SMBC日興
10万円150円150円150円108円135円
20万円324円199円199円194円194円
30万円324円368円293円270円270円
50万円515円368円293円486円432円
100万円1,029円657円525円1,080円864円

※マネックスの50万円超からは、成行と指値の手数料が異なる。

現物取引の手数料の比較をしてみましたが、30万円以下の低価格帯ではマネックス証券が強く、高価格帯はSBI証券が強いです。

意外だったのは、日興証券で、オンライン専業ではないので高いというイメージを持っていたのですが、今回調べたら、思っていたよりずいぶん安くてびっくりしました。

なお、さらに安さを追求するなら、ライブスター証券GMOクリック証券が良さそうです。
(業者リスクがやや高いイメージがあって、私は口座を保有はしていませんが。)


【操作性】

操作性は、画面が見やすいかということと目的の取引を少ないクリックで行うことができるかということを重視して評価しました。

個人的には、野村N&Cと楽天証券の操作性が良いように思います。
マネックス証券も画面がシンプルで見やすく使いやすいです。

SBI証券については画面がごちゃごちゃしていて見にくく、クリックする回数が多いこと、日興証券は資金移動の方法が少なく、クリックする回数が多いように思うので、あまり使い勝手が良いとは思いません。


【IPO】

当選したことが2回しかないので、何とも言えませんが、当たったことのある野村N&Cを1番評価しました。

応募できる銘柄数が多いSBI証券、マネックス証券、日興証券もIPOをするなら作っておいて損はないと思います。
(対面口座でIPOを割り当ててもらえるような資金量がないのであれば、なんだかんだで数撃てば当たるという戦略を取らざるを得ないと思いますので。)

楽天証券については、応募できる銘柄数が非常に少ないので、IPOという観点からはお勧めできる口座ではありません。


【立会外分売】

私の経験では、当たりやすい順に、野村N&C、楽天証券、マネックス証券、SBI証券です。

野村N&Cが飛びぬけて当たりやすく(割当数が多いのか、応募者が少ないのかわかりませんが)、楽天証券、マネックス証券はほとんど差がないという印象です。

SBI証券は、一度も当たったことがない上に、約定したかどうかわかる時間が遅い(最近は改善してきているようですが)ので、お勧めできません。

また、日興証券は、立会外分売を取り扱っていません。


【まとめ】

私の場合は、以下のように使い分けているので、どの口座も意義のあるものです。

30万円以内の株の取引→マネックス証券
30万円を超える株の取引→SBI証券
IPO→野村N&C、SBI証券、マネックス証券、SMBC日興証券
立会外分売→野村N&C、楽天証券、マネックス証券
NISA→楽天証券


口座ごとに強み、弱みがあるので、どの口座が良いとははっきり言えませんが、強いてお勧めを挙げるなら、高価格や大量の株の売買をしないのであれば、欠点の少ないマネックス証券でしょうか・・・

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

JPX400

こんばんは。

今日からまた仕事が始まりました・・・
早くも疲れ気味ですが、今週もなんとか無事に乗り切りたいところです。

さて、今日は、今年の1月から算出が開始されたJPX400(正式名:JPX日経インデックス400)について書きます。

JPX400


JPX400は、JPXグループ(日本取引所グループおよび東京証券取引所)と日本経済新聞社が共同開発した株価指数で、東京証券取引所に上場を行っている企業の中から、投資家にとって魅力の高い銘柄400社で構成されています。

銘柄の選定方法は、過去3年間で連続赤字や債務超過の状態にある企業などを除き、売買代金と時価総額を踏まえて、上位の1000銘柄を組み入れ候補銘柄として選定し、その後その中から、企業の資本効率を示す自己資本利益率(ROE)、営業利益、時価総額の3つの指標を基とした定量的な指標を評点として、400銘柄に最終的に絞り込むという方法を採っています。
(Wikipediaより引用)


少し長い説明となりましたが、JPX400の特徴は、ROEや営業利益を銘柄選定の指標として取り入れていることだと思います。
(株主の資本を効率良く使って利益を出している企業は、株価のパフォーマンスも良くなるという考えに基づいているようです。)

良い点としては、業績の悪い企業や倒産の危険がある企業を除いて、好業績の企業を選んでいるので、構成銘柄を買いやすいという点が挙げられます。

ただ、本当にROEや営業利益が高い企業が今後高いパフォーマンスを示すかどうかは難しいところです。

というのは、この指数の選定基準は、3年間のROEや営業利益であって、今後も同じようになるかはわからないということ、また、ROEは負債が多い企業が高くなる傾向があるなどいろいろ問題があるからです。

ROEが高い企業は優良企業と言えるけど、投資対象としては優良かどうかはわからないというのが私個人の考えです。

ちなみに、私の保有銘柄の中では、ダイハツ工業、フィールズなどがJPX400に含まれています。
また、大塚ホールディングスが次回の入れ替えで採用される可能性が高いという話があって、注目しています。

JPX400は、まだ、始まったばかりであり、あまり普及していないように思いますが、この指数を対象とした投資信託が設定されたり、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がベンチマークとして採用するなどしており、今後、普及していく可能性があります。

私個人としても、今後どんなパフォーマンスを出していくのか興味があるので、また、時間があるときに、JPX400、日経平均、TOPIXの比較をしてみようと思います。

JPX400について、もっと詳しく知りたい場合や構成銘柄を知りたい場合は東証のページをご覧ください。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

配当利回りと配当性向

こんばんは

今日は、配当利回りと配当性向について、書いてみたいと思います。

・配当利回り

配当利回りは、株価に対する1年間にもらえる配当金の割合です。
<配当利回り(%) = 1株あたりの年間配当金 ÷ 株価 × 100>

例えば、株価が100円で、年間の配当金が3円の銘柄の場合は、配当利回りは3%になります。

割安株を選ぶための1つの指標として使うことができ、実際、私も配当利回り3%以上を目安として、長期保有する銘柄を選んでいます。

ただ、業績が良く、株価が上がれば、配当利回りも小さくなってしまうし、あまり配当を出さない方針の企業や配当は少なくても株主優待が魅力的な場合もあるので、利回りが高い=良い銘柄、利回りが低い=悪い銘柄というわけではありません。

なお、東証の資料によると、最近の日本株式の平均利回りは、1.5%~1.7%程度で推移しているようです。


・配当性向

配当性向は、純利益に対する1年間の配当支払金の割合です。
<配当性向(%) = 年間の配当金支払額 ÷ 純利益(または、1株あたりの年間配当金 ÷ 1株あたりの純利益) × 100>

配当利回りが株価に対する配当金の割合を示しているのに対して、こちらは利益を株主にどれだけ配当金として支払うかの割合を示しています。

日本では、業績が良くても悪くても毎年一定の配当金を支払う企業が多かったようですが、最近は、業績に連動して配当金を支払うという企業が増えています。

その基準として、配当性向をいくらにするというようにしている企業も多くあります。
(一例として、トヨタは、配当性向30%を目安としています。)

一般的には、成長企業は利益をできるだけ投資に回すので、配当性向は低くなり、成熟企業は投資を必要としないため、高い配当性向が期待されます。

なお、最近の日本株式の配当性向の平均は、20%~30%程度のようです。


<私の見解>

利回りが高い、配当性向が高いということは魅力的ですが、重要なのは、投資してどれだけ利益を出せるかということなので、配当金は一要素に過ぎず、最も重要なのは、株価の値動きです。

例えば、配当利回りが5%でも株価が5%下がれば良い銘柄ではないし、逆に無配当でも、株価が30%上がるなら良い銘柄と言えます。

ただし、成熟企業については、業績の伸びしろが少なく、株価の値上がりもそれほど期待できないと思うので、ある程度以上の配当利回り、配当性向があることを条件に投資するという方針が良さそうです。

反対に、成長企業は、配当に回すより、設備投資や新規事業の開拓にお金を使ってくれるほうが業績が伸びて株価が上がることも多いと思うので、配当利回りや配当性向については、気にする必要はなさそうです。

(何を基準にして、成熟企業と成長企業に分けるかも考える必要はありそうですが・・・)

私個人としては、今までは配当利回りには注目していましたが、最近、痛い目にあっていることもあり、配当性向も注意してみていこうと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

総合証券とネット証券

こんばんは

今日は、かなり基本的なことですが、総合証券とネット証券について書いてみます。

【総合証券】
担当者を介して、取引を行います。
野村證券、大和証券などが代表的な存在です。

メリットは、担当者に運用相談ができたり、いろいろ話を聞けることです。
(営業される可能性があるから、デメリットとも言えるかもしれませんが・・・)
また、大口顧客だと、IPO銘柄を優先して分けてもらえたり、優遇されることもあるようです。

デメリットは、手数料が高いことです。


【ネット証券】
パソコンや携帯電話を用いて、取引を行います。
SBI証券、楽天証券などが代表的な存在です。

メリットは、手数料が安く、時間や場所を問わずに取引ができることです。

デメリットは、相談をしにくく、運用を自分自身で行っていく必要があること(電話などで相談できるところもあるようですが)、パソコンやシステムのトラブルがあると取引ができないことです。


どちらも一長一短ありますが、私の場合は、手数料が安いことを重視しているので、ネット証券で取引しています。

ただ、証券会社の人がどういうことを考えて、どんな話をするか興味があるので、総合証券も開設してみても良いかなあとも思っています。

また、一口にネット証券と言っても、各社に特徴があり、異なる部分もあるので、また、別の機会に、私が利用している証券会社の比較をしてみます。


(2015/4/16追記)
比較してみました。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

VIX指数

こんばんは。

今日も日本市場はいまひとつでした。
もうすぐ決算発表が多くなるので、それを受けて好調になってくれると良いのですが。

さて、好調になって欲しいといいながらも、今日は下落に備えるための指数について書きます。
今日、取り上げるのは、VIX指数です。

VIXは、Volatility Indexの略で、恐怖指数とも呼ばれ、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が、S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数です。
数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされていて、通常は10から20の間で推移します。

(Wikipedeiaより引用)

ボラティリティ(株価の値動きの幅)が大きいと投資家が不安になる(不安になるとボラティリティが大きくなる?反対かも?)ということで、恐怖指数と呼ばれているようですが、深く考えるとなんだか難しい指数です
興味がある方は、このページに歴史などの経緯も書かれているのでどうぞ。

ブログの読者の方に教えていただいたのですが、日本でもVIX指数を対象としたETFが上場していて、通常の株式投資と同様に売買することができます。
(もともと、VIX指数のことは知っていたのですが、取引できることは知りませんでした。)

過去のデータからは、VIX指数はS&P500種指数とほぼ逆の動きをしており、株価が大きく下げるような局面で、大きく上がるので、この指数を買うことで、株価の急落に備えることができます。

東証に上場している関連のETFは、(1552)(1561)(2029)(2030)の4種類があるようです。

最近注目し始めたので、まだ良くわかっていませんが、しばらく値動きを観察して、機会があれば、株価の下落が予想されるときに購入してみようと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

レバレッジ型ETFとインバース型ETF

こんばんは

今日は、久しぶりに日本市場が好調でした。
毎日、今日くらい株価が上がってくれたら働かなくていいんですが!!

さて、今日は、珍しくETFの話を書いてみます。
今回取り上げるのは、レバレッジ型とインバース型です。

レバレッジ型ETFのレバレッジは、「てこ」という意味で、このETFは対象指標の2倍の変動率で動くよう設計されています。
例えば、対象指標が日経平均の場合は、日経平均が5%上昇した日には、このETFの価格は10%上がります。

インバース型ETFのインバースは、「逆の」という意味で、このETFは対象指標と正反対に動くよう設計されています。
例えば、対象指標が日経平均の場合は、日経平均が5%下落した日には、このETFの価格は5%上がります。

信用取引でも同様のことができますが、信用口座を作ったり、証拠金を出したりといろいろ複雑そうなので、まずは、このETFから試してみようと思います。
(ただし、個別銘柄の信用買いや空売りはできないので、あくまで市場全体の予想という使い方しかできません。)

今回、これらのETFを取り上げたのは、最近の相場では、現物株の買いだけでは利益を上げることがとても難しいと限界を感じ始めていたからです。

市場の下落が予想される場合に、インバース型ETFを購入してみようと思います。

レバレッジ型については、個別株を買えばいいと思っているので、当面は売買するつもりはありません。

売買のやり方については、また、後日に決めますが、信託報酬も気になるし、長期で保有するものではないと思うので、短期で売買する予定です。

現在、上場しているETFは東証のこのページに載っていますが、どのETFを売買するかも合わせて、後日に記事を書く予定です。

また、レバレッジ型、インバース型ETFをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

自社株買い実施企業の情報

こんばんは。

今日は、昨日の記事に関連して、良く自社株買いを行っている企業を調べてみたのですが、そういった情報があるサイトは見つかりませんでした
自社株買いを行う企業は、かなり多いので情報をまとめるのが難しく、個別の企業の情報を追っていくしかないのかもしれません。

毎日の自社株買い情報について掲載しているサイトはいろいろ見つかりましたが、過去分を見れるということとシンプルなページということで、Market Impactというサイトが良さそうです。
(もっと良いサイトがあれば、教えてください。)

少しだけ内容を見てみると、金曜(3/7)の引け後に、(2282)日本ハムと(8709)インヴァスト証券が自社株買いを発表していますね。
特に、日本ハムは、発行済み株式数に対する割合が9.47%とかなり多く、明日(3/10)の株価がどうなるか注目してみたいと思います。

あと、気付いていなかったのですが、最近に自分の保有銘柄のKG情報も自社株買いの発表を行っていたようです
そういえば、数日前に株価が変な上げ方してるなあと思っていましたが・・・
自分の保有銘柄の情報を把握するのもなかなか大変です。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。