株主総会に行ってきた(三菱商事)

先月に、(8058)三菱商事の株主総会に行ってきたので、簡単に振り返ってみます。

場所は、ザ・プリンスパークタワー東京の地下で、開催されました。
ここは、以前行ったことがあるのですが、めちゃくちゃ豪華でびっくりなホテルです。

時間は、10時~12時くらいまででした。

参加している人は、年配の男性が1番多かったです。

参加者は、受付票をもらい、首から下げるのですが、受付票に番号が書いてあり(番号は受付順に振られていると思われる)、番号から推測して総参加者は、おそらく6,000人くらいだったと思われます。

また、三菱商事に関連する展示スペースもあって、ここでは飲み物を自由に飲むことができます。

今まで参加した株主総会の中では、参加人数、規模(会場が2か所ある)が1番大きかったです。

三菱会場


先月の話なので、忘れてしまった部分も多いのですが、印象に残った質疑応答を少しだけ書いておきます。

・資源価格が下がることへの対策は?

→事業を資源・非資源で分けるのではなく、市況のリスク感応度に基づいた「市況系・事業系」に分けて最適なバランスを目指していくとのことです。
(比率は3対7とおっしゃっていましたが、どちらが3で、どちらが7かわかりませんでした。)

資源価格の上げ下げで業績に波があるのは、どの商社にとっても共通の課題ですね。


・国内事業が縮小してきているが、なんとかならないのか?

→少子高齢化などの社会情勢で、国内事業が縮小するのはしかたないとのことでした。
国内は事業を育てる場というようなことを話されていました。

今後も海外時宜業の割合が拡大していくようです。


・ローソンを子会社化することでどんなメリットがあるのか?

→商品面では影響はないが、物流面でメリットがあるとのことでした。

また、将来的には、コンビニを商品を売るだけではなく、銀行、保険の相談機能などいろいろな役割を果たせるようにすることも考えているようで、そのような場合に三菱商事が貢献できることは多いそうです。


・株主の数が減っている理由について

→前々期に業績が赤字になったことの影響ではないかと推測されていました。

また、最近は、日銀や年金機構が大量に株を買っており、そのことも影響があるのではないかとおっしゃっていました。


質問をたくさん受けようとする会社の姿勢は良いと思うのですが、時間が長かったことと、どうでもよい質問をする人が多かったこともあって、飽きてきたので、途中で抜けて、展示会で飲み物を飲んでから帰りました。

お土産は、こんな感じでした。

三菱お土産

三菱お土産2

東北で生産された醤油、つゆ、うどんのようです。

全体としては、とにかく規模が大きくて、豪華な場所の株主総会という印象を持ちました。

以上、1単元のみ保有の弱小株主のつぶやきでした。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

株主総会に行ってきた(ユナイテッドアローズ)

こんにちは

先日、(7606)ユナイテッドアローズの株主総会に行ってきたので、簡単に振り返ってみます。

ユナイテッド総会

場所は、セルリアンタワー東急ホテルのホール(?)のようなところで、開催されました。

この会社の総会は、18時から開始と少し変則的で、懇親会で食事をできるという特徴があります。

都心で働いているのであれば、サラリーマンでも休暇を取らずに参加できそうです。

通常の株主総会だと、参加者は年配の男性が圧倒的に多いのですが、今回は、開始時間が遅いこととファッションの会社ということで、サラリーマンや女性も多く、いろいろな人が来ているという印象です。

また、会社が終わってから来たサラリーマンが多かったからか、18時を過ぎてから入場してくる人も多かったです。

なお、時間は、18時から20時15分まででした。

参加者は、受付票をもらい、首から下げるのですが、受付票に番号が書いてあり(番号は受付順に振られていると思われる)、番号から推測して総参加者は、おそらく1,000人くらいだったと思われます。


総会の主な内容は、映像での事業内容、業績等の説明→中期経営計画の説明→質疑応答→議案の決議→懇親会でした。



<映像による事業内容、業績等の説明>

事業内容や業績等は映像で説明されました。

シンプルな感じでした。

前期の業績については、売上が微増、利益が20%程度減でした。
なお、今期の業績予想は、売上、利益ともに微増となっています。


<中期経営計画の説明>

中期経営計画については、社長から説明がありました。

マーケットを価格帯によって5つに分類(ハイエンド、トレンド、ミッドトレンド、ニュートレンド、ボリュームマーケット)し、現在は上から2つ目のトレンドマーケットに強みを持っていて売上が多いとのことです。

今後は、マーケットの変化により、やや下の層の商品が売れるようになると予想しており、ミッドトレンド、ニュートレンドに力を入れていきたいとのことでした。

なお、ブランドとしては、トレンドにはUNITED ARROWS、BEAUTY&YOUTH、ミッドトレンドにはgreen label relaxing、ニュートレンドにはcoenが属しています。

現在は、グリーンレーベルは好調ですが、coenはいまいちのようです。

経常利益は年8%の成長、経常利益率は7%以上が目標とのことでした。


<質疑応答>

株主からいろいろ質問がありましたが、印象に残ったものをピックアップします。

①ビジネスウェアを展開していくとのことだが、利益になるのか?

ビジネスや式典関係は、天候に関係なく、安定して利益を得られる傾向があるとのことでした。
これまで、やや高級路線(トレンドマーケット)で展開していたものをミッドトレンド、ニュートレンドでも展開していきたいとのことでした。

②かつての勢いがない

質問ではありませんが、かつての勢いがなく、最近話題になっているTOKYO BASEを見習ってほしいというような意見がありました。

社長の話からは、規模が大きくなってしまって、社員間で企業の理念や考え方に対する理解にばらつきが出てきていることも課題と感じられているようでした。


その他質問ではありませんが、資料中の難しい用語(ECやKPI)については注釈をつけてほしいという要望がありました。


<議案の決議>

3つありましたが、すべて可決されました。


<懇親会>

ある意味、一番楽しみの懇親会です。
(ホテルの食事が無料で食べれるので。)

懇親会には、社長も来ていて、話しかけれそうでした。
(本当は、積極的にいろいろ話した方が良いのでしょうが、あまりこの企業のことに詳しくないこととお腹がすいていたのでご飯をがんばって食べることにしました・・・)

料理は、バイキング形式で、カレーやパスタ、肉、デザートといろいろあって、飲み物もジュースやワイン、コーヒーなどいろいろあり、さすがにホテルの食事だけあっておいしかったです。

ただ、懇親会の始めの方は、人がいすぎてわけがわからないので、まずは飲み物を飲んでやり過ごして、後から食事を取りに行けば良かったです。

帰り際には、お土産をもらいました。

手ぬぐいとモンキー(?)でした。

ユナイテッドお土産

株主総会全般の印象としては、遅い時間から開始していただいてありがたいということとおいしい料理を食べれて満足です。

しかし、投資対象としては、ずいぶん規模が大きくなってしまっていることと購買層の変化への対応という問題があることから、今後、大きく成長するのは容易ではないというイメージを持ちました。

ただし、安定的には収益を上げれる企業で、また、事業の安定性と比べると株価の変動が激しいので、大きく株価が下げ過ぎた時があれば買い、逆に大きく上げ過ぎたときに売るということができる可能性がある銘柄と考えています。

以上、1単元のみ保有の弱小株主のつぶやきでした。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

株主総会に行ってきた(アステラス製薬)~後編~

前編に引き続き、アステラス株主総会の後編です。

業績、研究開発の報告→課題の説明→質疑応答→議案の決議の質疑応答以降の内容です。
また、最後にお土産について書きます。

<質疑応答>
株主からいろいろ質問がありました。
質問に対する社長の回答は、わかりやすくて良かったです。

かなり長い時間をとっており、株主の話を聞こうとする姿勢は良いことだと思います。
ただ、長時間話を聞くことに慣れていない私は、最後の方は少し疲れてきましたが・・・

では、重要と思われる質問をピックアップします。

・2018~2020年に発生する新薬の特許切れの影響とその対策について
特許切れの影響は、かなり大きく、この時期については業績が伸びず、横ばいになるかもしれないということでした。
対策としては、課題で話した内容(パイプラインの増加、既存製品の価値の向上、オペレーションの高質化・効率化)とほぼ同じ内容でした。

・薬価引き下げのリスクと次回の時期について
薬価改定は2年に1度あり、次回は2018年に予定されているとのことでした。
新薬の価格が下がるのは、会社としては厳しいが、国の財政の問題もあるのでしかたがない面もあるというようなことを言っていました。

・増配や株主優待の新設を検討してほしい
質問の内容としては、業績が良く、配当金も悪くはないが、配当の部分は同業の武田と比べて見劣りするのでは?ということと多くの企業が優待を実施しているので検討してはどうか?でした。

社長の回答としては、新薬の開発に優先して資金を使いたいということと、配当は安定的に増やしていきたいということ、また、優待を実施するつもりはなく、配当と自社株買いで株主還元を行いたいということでした。

株主の気持ちもわからなくはないですが、赤字でも高配当を出し続ける武田が特殊なだけで、アステラス自身も配当性向が35%程度あり、十分に配当金を出しているように思います。
また、優待の部分は個人的な意見ですが、他の製薬会社(大塚ならポカリスエット、エーザイならチョコラBB)のように大衆製品を出しているなら、それらを株主優待として検討してもらってもいいけど、そうでないなら特に検討する必要もないかなと思います。

・社外取締役の必要性について
私は、監査やガバナンスの部分は守って当然と思っているので、あまり興味がないのですが、個人的に強く共感したので、この質問については例外的に取り上げることにしました。
(株価には影響はほとんどなく、ただの愚痴なので適当に読み流してください・・・)

質問の内容は、「社外取締役の果たす意義とは何か?と数社掛け持ち、かつ、自身が社長をしているような社外取締役がいるが、きちんと業務を遂行できるのか?」というものでした。

社長は、社外の意見を取り入れることが必要というようなことを回答していましたが、いったい社外取締役って本当に意味があるのか?というのは多くの人が思っているのではないでしょうか??

また、後半の兼務の話は社外取締役で4社、かつ、自身が社長をしているという方だったので、確かにひどいように思いました。

その他、テレビCMについての質問やROEに対する考え方、役員報酬が高すぎるのでは?などの質問がありました。

<議案の決議>
第1号は剰余金の処分、第2号は取締役の選任、第3号は監査役の選任、第4号は取締役の賞与支給でしたが、すべて可決されました。


以上、長々と書きましたが、海外の売上が日本を上回るグローバル企業、手掛けている事業が非常に多く、事業の買収、譲渡を同時に行っており、事業の取捨選択も業績に大きな影響がありそうという印象を持ちました。

また、新薬の開発と薬価改定の問題は、製薬会社共通の課題であることを再認識しました。

今後しばらくは、堅調な業績が続きそうですが、この2つの問題に直面する2018年の業績がどうなるかということがかなりの懸念点です。
2018年は業績が落ちる、また、株価はそれより少し前にいったん下落する可能性が結構あるのではないかと思いました。


そして、帰り際にお土産をもらいました。

ast miyage

中身はなんだろう??


ast baum

バームクーヘンでした。
ホテルで取り扱っているもののようです。

おいしいかどうかは、食べていないのでわかりません・・・
明日の朝飯にしようと思います!

以上、1単元のみ保有の弱小株主のつぶやきでした。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

株主総会に行ってきた(アステラス製薬)~前編~

こんばんは

先日、(4503)アステラス製薬の株主総会に行ってきました。

この銘柄は、私が投資を始めた初期に買いました。
当時は資金が少なかったので、ミニ株(20株)を購入したのですが、途中で株式5分割があって、めでたく1単元ホルダーになり、株主総会にも参加できるようになったという経緯があります。

さて、話が変わって、アステラス製薬という会社は、時価総額で武田薬品工業に次いで国内第2位の製薬大手企業です。
2位と言う割には、他の製薬会社(武田、大塚、エーザイなど)と比べて知名度が低く、地味(?)な存在ですが、これはドラッグストアで売っている大衆医薬品を取り扱っていないことと10年くらい前に合併して生まれた会社だからかと思います。

だいぶ余談が長くなりましたが、総会の内容を簡単に振り返ってみます。
(書いてみたら記事がやたら長くなったので、前編と後編に分けて記載します。)

場所は、グランドプリンスホテル新高輪のホール(?)のようなところで、開催されました。
駅からやや遠く、またホテル内が広いので、会場にたどり着くまでけっこう大変でした。
ちなみに、すぐ近くで、コスプレや株主の質疑応答で盛り上がったと評判(?)のバンダイナムコホールディングスの総会も開催されていました。

時間は、10時~11時30分くらいまででした。

参加者は、受付票をもらい、首から下げるのですが、受付票に番号が書いてあり(番号は受付順に振られていると思われる)、番号から推測して総参加者は、おそらく3,000人くらいだったと思われます。
(最後の方に入った私が2,600番くらいだったため。)

参加している人は、年配の男性が1番多く、次に主婦と思われる女性が多く、女性の方は年齢層が広かったように思います。

受付時では、ペットボトル用の飲料水(常温)をもらいました。

ast water

総会の主な内容は、業績、研究開発の報告→課題の説明→質疑応答→議案の決議でした。

<業績、研究開発の報告>

映像での説明でしたが、わかりやすかったです。
少しわかりにくいと思ったのが、利益の部分で通常の営業利益、経常利益、純利益ではなく、種類が多くて複雑に感じました。

要点は以下の通りです。

・売上高
日本 4,972億円(前期比3%減)
米州 4,551億円(前期比26.1%増)
欧州・中東・アフリカ 3,293億円(前期比51%増)
アジア・アセアニア 911億円(前期比22.8%増)

・利益
コア営業利益 2,675億円(前期比23.5%増)
コア当期純利益 1,988億円(前期比29.7%増)
※コアベースの業績は、通常の業績を会社基準で調整したもののようです。

研究開発については、パイプライン(製薬業界の用語で新薬候補の事)の状況などを説明していました。

印象に残ったのは、日本の売上が全体の半分にも満たず、また、減収だったことです。
数字だけを見れば、1番大きいとは言え、日本も市場の1つに過ぎないグローバル企業という感じです。

なお、円安により増収、増益効果があった(売上で250億円、営業利益で100億円程度)とのことで、世界で売り上げがあるので、通常は円安メリットのある銘柄のようです。


<課題の説明>

社長によって3つの課題が説明されました。

①製品価値の最大化
既存の製品の売り上げを増やすための取り組みについて話されていました。
主力商品(ベシケア、イクスタンジなど)について、各国での承認取得などについて取り上げていました。

②イノベーションの創出
新薬開発の部分で、重点的な分野を定めて開発を行っているとのこと。
自社開発についても取り上げていましたが、買収や提携の話も多く、なにふりかまわないという印象を受けました。

③オペレーションの改善
開発以外の業務の高質化、効率化ということだと思いますが、具体的には組織の改革等の話で、どの会社でも取り組んでいることかと思います。


長くなってきたので、続きは、後編で書きます。


(追記)
後編を書きました。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

株主総会に行ってきた(大塚ホールディングス)

こんにちは

先日、(4578)大塚ホールディングスの株主総会に行ってきたので、簡単に振り返ってみます。

場所は、ANAインターコンチネンタルホテル東京のホール(?)のようなところで、開催されました。
豪華なホテルだったので、好印象でした。

時間は、10時~11時20分くらいまででした。

参加者は、受付票をもらい、首から下げるのですが、受付票に番号が書いてあり(番号は受付順に振られていると思われる)、番号から推測して総参加者は、おそらく1,500人くらいだったと思われます。

参加している人は、年配の男性が1番多く、次に年配の女性が多かったです。

初めに、受付を済まして、会場内に入るのですが、会社の方や参加者が多く、豪華な印象です。
また、受付時にお土産をもらいました。

お土産袋

お土産の中身は、SOYJOY2個、Gerble、UL・OSのリフレッシュシートでした。
大塚ホールディングスは、食品やコスメなど大衆向けの商品を数多く取り扱っており、こういった場で株主に知ってもらうという意味でとても良いと思います。

お土産内容


総会の主な内容は、映像で各セグメントの事業内容を説明→貸借対照表、損益計算書の説明→質疑応答→議案の決議でした。


残念なことに、途中で猛烈に腹が痛くなり、10分ほどトイレに行っているので、内容に抜けがあります・・・

ただ、トイレに行った際に発見もあって、ドリンクの試飲会を受付場所近くでやっていたようでした。
私は、総会が終わってからで良いと思って飲みませんでしたが、総会後は終了していたので、総会の途中しかやっていなかったようです。
総会の最後のほうに、議案の決議がありますが、特別に興味がないなら、早めに抜けて、ドリンクを飲んで帰るという手もあったかなあと思います。

では、肝心の総会の内容に入ります。

<映像による各セグメントの事業内容の説明>
大塚ホールディングスでは、事業を医療関連、ニュートラシューティカルズ関連、消費者関連、その他の4つのセグメントに分けているようです。

①医療関連事業
売上高:1兆350億円、営業利益:2,127億円

売上、利益ともに最も多いセグメントで、大塚ホールディングスの核となる事業です。
大塚ホールディングスと言えば、ポカリスエットやボンカレーが有名ですが、利益は圧倒的に医療関連が多く、株主にとってはこの部分が最も興味がある部分です。

製品の説明などをしていましたが、医療の部分はイメージがあまりわかないので、難しいという印象です。
事前から知ってはいましたが、エビリファイという商品があり、世界の全医薬品の売上ランキングで7位となるなど相当売れており、最近の好業績はこの薬の寄与が大きいようです。

②ニュートラシューティカルズ関連事業
売上高:2,871億円、営業利益:253億円

ニュートラシューティカルズの意味は良くわかりませんが、機能性の食品や飲料、コスメが含まれる事業のようです。
具体的には、ポカリスエット、オロナミンC、カロリーメイト、ネイチャーメイド、UL・OSなどとても有名な商品が多いです。

売上、利益ともに前期から10%以上伸びており、順調な感じです。

③消費者関連事業
売上高:439億円、営業損失:21億円

消費者関連事業は、機能性でない食品や飲料を取り扱っており、具体的には、クリスタルガイザー、MATCH、ボンカレーゴールドなどの商品です。

競合が厳しいなどの理由で、営業損益は赤字になっているようです。

④その他の事業
売上高:1,303億円、営業利益:72億円

タイヤ用添加剤などを取り扱う機能化学分野や運輸・倉庫業などいろいろな事業を行っているようです。
その他としていますが、大企業だけあって、規模が大きい印象です。

研究開発費の説明もあり、2,500億円ほど使っていて、そのほとんどは医療関連事業に使われているようです。


<貸借対照表、損益計算書の説明>
腹が痛くて、退出していたため、聞けませんでした・・・


<質疑応答>
株主からいろいろ質問がありましたが、私が重要と思ったものをピックアップします。

・エビリファイ特許切れ後に備えについて
来年にエビリファイの特許が切れるに伴い、どう対応するのかという多くの株主が最も聞きたい質問でしたが、地道に開発を進めている、2,020年まで持続的な成長を目指すというような回答でした。

私の解釈だと、エビリファイに代わる商品はまだないが、開発は時間がかかるものなので、長い目で見て欲しいといったところです。

・来期以降の配当について
来期は、エビリファイの特許切れもあり、減収減益になりそうだが、できる限り、減配はせず、安定的に配当を出したいとのこと。場合によっては、自社株買いも行うということも言っていました。

・M&Aを積極的にやる予定はあるか?
M&Aについては、とても難しいものと考えており、慎重に検討するというようなことを言っていました。


<議案の決議>
第1号は決算期変更に伴う定款の変更、第2号は取締役の選任、第3号は監査役の選任でしたが、すべて可決されました。


以上、長々と書きましたが、いろいろな事業を手掛け、海外の売上がかなり多いグローバルな企業という印象を持ちましたが、利益の多くが医療関連事業から出ており、結局はこの部分が今後の株価を左右しそうです。

私は、他の製薬会社にも投資していますが、継続的に良い新薬を出せるかどうかという課題はどの会社でも共通ですね。

株主総会の印象としては、豪華な場所で進行も良く、お土産ももらえたし、全体的には満足でした。

不満点を挙げると、質疑応答の部分で、株主、議長ともに話が冗長なことがあり、要点が良くわからなくなってしまうことが多かったことでしょうか。
(単に、私の集中力が低いだけかもしれませんが・・・)

以上、1単元のみ保有の弱小株主のつぶやきでした。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株主優待&総会のおみやげ
ジャンル : 株式・投資・マネー

株主総会に初めて行ってきた(コナミ)

こんばんは。
昨日は、有給を取って株主総会に初めて行ってきました
ということで、株主総会の様子を書いてみたいと思います。

行ってきた会社は、コナミです。
品川シーサイド駅の近くにあるコナミスポーツクラブ本店で開催されました。

soukai.jpg


株主総会に行くのは初めてだったので、どんな人が来てるのかとか、どんな服を着ていこうかとか、お土産はもらえるのかとかいろいろ気になっていましたが、ダメリーマンらしく(?)寝坊してしまい、10分くらい遅れて会場に到着しました。

十数人の社員の方に「おはようございます。本日はありがとうございます。」みたいな感じで丁寧に迎えられたのですが、遅刻している人がほとんどいなかったので、少し恥ずかしかったです

入り口では、ペットボトル入りのミネラルウォーターをもらいましたが、コナミの子会社が販売しているもののようでした。
自社が販売とか製造している商品をこのような場で配るのは、非常に良いと思いました。

water.jpg


会場に入ると、1階に500人くらいが座れるよう座席が用意されていましたが、空席もあり、実際には200~300人くらい人がいたように思います。

出席している人としては、年配の男性が1番多く、半分くらいがビジネスカジュアルのような服装でした。ポロシャツや短パンを着用しているようなラフな格好の人もいました。

全体の流れとしては、映像で事業内容の説明→質疑応答→議決事項の採決結果→解散でした。
(私は途中から参加でしたが、どうやら前半に利益とか売上げの発表もあったようです。)

<映像での事業内容の説明>
スポーツクラブ運営を中心とする健康分野とゲームを中心とするエンターテイメント分野の説明でした。
ハイパーオリンピックとかパワフロプロ野球の画像や体操の内村選手が出演したりしていました。

コナミの強みは、健康事業とエンターテイメント事業の2つを持っていることと思うので、うまく相乗効果を出して業績を拡大してもらいたいところです。


<質疑応答>
かなり多くの方(10人くらい)が質問をされたので、驚きました。

質問内容としては、「ワールドカップや日本のカジノ設立に向けての取組」など事業に関することも多かったのですが、株主総会に対する要望もありました。

どうやら数年前までは、株主総会は盛況で2階席まで人がいっぱいだったそうです。
それを踏まえて「新商品の体験」「株主優待の復活」「プレゼンテーション内容の改善」などが要望されていました。

議長によると、数年前まで総会が盛況だったのは、お土産を配っていたからとのことです。
また、優待を復活させるつもりはあまりなく、配当で株主に還元するつもりとのことでした。

優待については、数年前に廃止されたとき、私も残念に感じました。
ただ、優待はおまけみたいなもので、1番重要なのは、業績を良くして、株価を上げてくれたり、配当を多く出して株主に還元してもらうことなので、そうできるようがんばってもらいたいです。

その他の質問には、「内村選手は社員?何してるの?」みたいな質問もありました。


<議決事項の採決結果>
3案あり、全てが可決されました。
具体的な内容は、取締役、監査役の選任と株式の大規模買付に関する対応策についてでした。


全体的な印象としては、少し堅いような印象を受けました。
小中学校時代の集会を思い出しました。

他の株主の方も質疑応答で言っていましたが、もう少し総会が盛り上がるように工夫しても良いのではないかと思いました。(費用や手間の問題もあって、なかなか難しいとは思いますが・・・)

とは言え、初めて株主総会に行って雰囲気を味わえて良かったです。
機会があれば、別の会社の株主総会にも参加してみたいと思います。

なお、ご参考までに、コナミのHPにも株主総会実施の報告がありました。

以上、1単元のみ保有の弱小株主のつぶやきでした。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株主優待&総会のおみやげ
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。