書籍の紹介~株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書~

こんにちは

今日は、久しぶりに書籍を紹介します。

今回紹介する書籍は、株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書です。

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書




有名な本なのでご存知の方も多いと思いますが、私は読んだことがなく、先日、図書館で借りることができたので、読んでみました。

筆者は、公認会計士で、個人投資家として株の売買も行っているそうです。

内容としては、会社四季報、決算短信の読み方とそれを用いた分析、銘柄の選び方とPER、PBRなどの代表的なバリュエーション指標の説明がメインとして書かれています。

著者の投資方法は、四季報、決算短信、有価証券報告書の情報から、割安株、成長株、復活株を選び、トレンドに沿った売買を行うというものです。

印象に残った部分としては、良く知られている割安株、成長株だけでなく、業績が回復する「復活株」という分類を用いていたことです。
確かに、赤字から黒字に転換するような銘柄は、すさまじい上昇を見せることがあり、「復活株」というネーミングはしっくりきました。

また、ファンダメンタル投資の教科書というタイトルながら、売買のタイミングはファンダメンタルでは図れないので、チャートを見ましょうとはっきり書かれていたのも印象に残っています。
著者が推奨するのは、移動平均線を用いた順張りです。

この本の良いところは、ファンダメンタル投資の基本がうまくまとめて書かれていることですが、著者が公認会計士だけあって、特に、倒産する銘柄や粉飾決算している銘柄についての考察の部分は内容が深いです。

グロース投資やバリュー投資を行う場合は、そもそもが黒字の銘柄なので、実際には、ここまで分析する必要がないと思う部分はありましたが、知識として知っておいて損はないと思います。

長くなりましたが、まとめると、会社四季報、決算短信の読み方を知りたかったり、今よりももっと活用したい方やPER、PBRなどの基本的な指標を体系だって学びたい方におすすめできる本です。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

書籍の紹介~株式投資 これだけはやってはいけない~

こんばんは

今日は、久しぶりに書籍を紹介します。

最近は、書籍については、ほとんど毎年業界地図を買ったという記事しか書いていませんでしたが、年に数回は業界地図以外の書籍も紹介していきたいと思っています。

さて、今回紹介する書籍は、株式投資 これだけはやってはいけないです。

株式投資これだけはやってはいけない (日経ビジネス人文庫 (と3-1))



シンプルなタイトルですね。

筆者は、証券会社でディーラーをしていたことがあり、そのときの経験をもとに個人投資家向けの内容が書かれています。

タイトルは、株式投資 これだけはやってはいけないとなっていますが、個人的な解釈では、絶対にやってはいけないことではなく、大損しないために、株式投資を行う上の心得とやらないほうが良いことが書かれています。

なので、絶対にやってはいけないことではなく、こういった考え方があるというふうに参考にすると良いと思います。

具体的な内容としては、余裕資金を持って投資を行う、損切りについての考え方などの良く知られている基本的なこと、陥りやすい失敗、チェックしておいたほうが良い株価指標などが書かれています。

また、コラムとして、ディーラーをしていたときのことなど興味深い内容が多く取り上げられています。

見出しに重要なことが書かれていて要点がつかみやすく、分量も多くないので、読みやすく、株式投資を少し始めた初級者から中級者向けにおすすめできる本です。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

会社四季報 業界地図(2017年版)を買いました

こんばんは

毎年恒例になっていますが、先日、会社四季報 業界地図(2017年版)を買いました。

「会社四季報」業界地図 2017年版


業界地図は、毎年9月くらいにいろいろな会社から発売されます。

株個別の情報を見るという意味では、会社四季報のほうが良いですが、業界地図の場合は、業界の事を知ることができるというメリットがあります。

巻頭の特集も東京オリンピックから財閥、世界紛争とジャンルが幅広いです。

私が投資している銘柄は、業界的に偏りがけっこうあるので、これを機会に新しい業界への投資も検討してみようと思います。

とりあえずは、気になったページの端を折って、目印にしておきました。
ただ、実際は、気になった銘柄があっても、業績やPERなど詳しく情報を調べると、いまいちなケースが多く、投資に至らないことが多いです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

会社四季報 業界地図(2014年版)を買いました

こんばんは

最近は、寒い日が続いています。
寒いのは苦手なので、毎年、会社に行く以外はひきこもりがちですが、今年は少しは外に出るようにしたいところです。

さて、先日、会社四季報 業界地図(2014年度版)を買いました。



業界地図は、毎年9月くらいにいろいろな会社から発売されます。
会社四季報のものと日経や一橋総合研究所のものが有名でしょうか・・・

私は、数年前、就職活動時に、コンサルタントから勧められて買い始めて以来、ほぼ毎年買っています。

就職活動時は、就職のために買いましたが、最近は株式投資のための情報収集の一環として買っています。
気になった業界の概略や主要プレイヤーがわかるので、とても便利です。

これだけで株に勝てるわけではありませんが、気軽に読める点と新しい業界を知ることができる点が気に入っています。

就職活動時は、一橋総合研究所のものを使っていて、それから他の会社のものも買ってみました。

会社四季報のものは業界展望が書かれている、日経のものは各会社のシェアがわかりやすいなど会社毎に特徴があり、一概にどの会社のものがいいとは言えませんが、自分が株式投資の情報を得るという意味では、会社四季報のものが一番使い勝手が良かったので、ここ最近は四季報のものを使っています。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

書籍の紹介~謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法‐3年間で20倍!!~

こんばんは。

今日は、久しぶりに書籍を紹介します。

紹介する書籍は、謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法‐3年間で20倍!!です。

タイトルは派手というか、おおげさなのですが、バリュー投資について知りたい人におすすめの本です。



この本の良いところは、財務諸表の読み方や投資銘柄の選定基準などがわかりやすく書かれているところです。

特に良い点は、具体的な数字を用いて説明がなされている点です。
例えば、PERやPBRが低いほうが良いと言葉だけで言っても抽象的で、値が10だったら低いのか、1だったら低いのかはっきりしませんが、この本でははっきりした数字を用いて書かれていることが多いです。

また、単に数字だけでなく、なぜそういった考え方をするのかとか数字の裏にある部分も説明していることも多く、かなり頭を使って投資しているように感じます。

物足りないというか、この本に書かれていないのは、保有株を売るタイミングです。
著者自身が、売るタイミングはとても難しいと感じているようで、売るタイミングよりも銘柄選定を非常に重視するタイプの方のようです。

レビュー等では初心者向きと書かれていますが、この本の内容をしっかり使いこなして投資できたら相当なものと私は思います。

まとめると、この本は、バリュー投資を知りたい方やバリュー投資をすでに行っている方でも銘柄選定の基準の具体的な例を知りたい方にぜひおすすめできる本です。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

書籍の紹介~細野真宏の世界一わかりやすい株の本(実践編)~

こんばんは

今日は、細野真宏の世界一わかりやすい株の本(実践編)を紹介します。

以前に紹介した書籍の続編です。

主に初心者を対象とした本ですが、初心者以外の方にも参考になる部分があると思います。


前編と同様に、非常にわかりやすいという点で優れた本だと思います。

前半では、証券会社の選び方と売買のしかたを説明しています。

丁寧に説明されていて、用語や考え方を学ぶという点では良いのですが、証券会社の部分(証券会社名や手数料)はデータが古いので、インターネットなど別の情報源から調べ直す必要があります。

後半では、「株式分割」と「増資」について書かれています。

増資が発表されると株価が下がり、株式分割が発表されると株価が上がることが多いのですが、理由を詳しく書いており、この部分は非常に役に立つので、この本の中の1番のお勧めのポイントです。
(実際、私もこの本を読むまで、きちんと理解できていませんでした。)


前編と同様、この本を読んだだけで株式投資で利益を出せるわけではありませんが、株の入門書として、とても良い本です。
特に、後半部分については、初心者でなくても、知識の補完に役に立つと思います。

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

書籍の紹介~細野真宏の世界一わかりやすい株の本~

こんにちは
今日もすごく暑いですね

さて、カテゴリー「書籍」のコーナーでは、私が読んで良かったと思う書籍を紹介していきます。
(大部分が投資関係になると思いますが、気が向いたら一般書籍についても書くかもしれません。)

※なお、記事中の画像は楽天ブックスへのリンクになっていますが、安く買いたい方はアマゾンの中古やブックオフなどで探すのが良いと思います。

第1回目に紹介するのは細野真宏の世界一わかりやすい株の本です。


有名な予備校教師が書いた本で、数学の参考書〇〇が面白いほどわかる本と言えば、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
(私も大学受験の勉強用に利用していて懐かしいですね・・・)

この本では、「株ってそもそも何?」ということから情報との接し方、銘柄の選び方など基本的なことが非常にわかりやすく書かれています。

株の初心者向けの本はたくさんありますが、わかりやすいという点でかなり優れていると思います。

具体的な例が多く書かれているのも良い点です。

良いことが書いてあっても難しいとかわかりにくい本だと嫌になってしまいます
株に限らず、いろんなジャンル(個人的には税金とか法律とか・・・)でこういった本が出版されてほしいものです。

少し古い本なので、情報が古くなっている部分がありますが、(特に株を始めたい方や始めたばかりの方にとっては)読む価値は十分にあると思います。

この本を読んだだけでは、利益が出せるようになるわけではありませんが、基本的な事項や王道的な考えを知っておいて損はありません。

続編である実践編もあるので、別の機会に紹介する予定です。
(2013/8/14追記:実践編の紹介記事を書きました。)
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。