(8914)エリアリンクが第三者割当増資を発表

こんばんは。

今週は、保有銘柄のエリアリンクに大きな情報がありました。

5/22取引終了後に、SMBC日興証券を割当予定先として新株予約権2万個を発行すると発表した。
当初行使価額は4070円、下限行使価額は2849円。調達資金の差引手取概算額は約81.5億円で、不動産運用サービス事業の成長に充てる。

(フィスコより引用)

内容は、難しくて良くわからない部分も多いのですが、新株予約権が行使されると、株数が16%くらい増えるので、株式価値の希薄化が懸念されて、発表翌日の株価は10%超下がってしまいました。

某掲示板では、「増資をすること自体は理解できるが、増資の方法が良くない。公募増資のほうが良かった。」という意見が多かったです。

掲示板を見ると、悪名高い(?)MSCBという手法みたいです。


MSCBとは、以下のようです。(グロービス経営大学院のHPより引用。少し長いです。)

MSCBとは、発行後、株価を反映して転換価額が修正される条項の付いた転換社債。Moving Strike Convertibleの略。転換価額修正条項付転換社債とも呼ばれる。資金需要は旺盛ながら信用度の低い会社などが、低コストかつタイムリーに資金を調達できる方法とされている。

一般の転換社債型新株予約権付社債では、転換価額は一定である。例えば、転換価額が10000円なら、株価が10000円を超えているときに転換を行えば、差額が利益になる。一方、MSCBでは、転換価額が10000円から9000円、8000円というように変化していく。引き受け手にとっては、株価下落のリスクを避けることが可能となる。

一時期、「MSCBはマネーゲームの道具と化しており、既存株主の利益を損なっている」として強く問題視されていた。MSCBを引き受けた側(大手ファンドの場合が多い)は、発行企業の株を空売りし、株価が下がったところでMSCBを株式に転換し、現物を返すということが理論上可能である。これにより、空売りした額と、下方修正された転換価額の差額を利益として得ることができる、というのである。転換価額の低下はまた、発行済株式数の増加にもつながり、既存株主の利益は加速度的に損なわれていく。

下限転換価額を設定するなどにより、こうした悪影響は低減しうるとの議論もある。実際には、かつてはMSCBを発行した企業の株価は下がることが多かったが、最近その傾向は薄れている。
(引用終わり)

いろいろと問題を引き起こした手法のようで、空売りの規制ができたり、下限転換価額の設定などで、以前よりは、株価に悪影響が出にくくはなっているようですが・・・


エリアリンクのIRも読みましたが、いろいろ条件があって、簡単に良い悪いは判断できないという印象です。

SMBC日興証券側から見ると、1株当たり8.96円支払って、8%ディスカウントで株を買えるということのようですが、下限行使価額があったり、一部分は、ターゲットプライスにならないと行使できないなどいろいろ条件が多くて複雑なのです・・・

間違っているかもしれませんが、私の解釈だと、公募増資と比べて、

良い点
・株数が少しづつ増えていくので、急激な希薄化は起こらない。
・株価が上がった場合は、資金調達額が増える。(株価が下がった場合は、逆なので、悪い点になります。)

悪い点
・証券会社に払うお金が高い。
・発行した株を証券会社が売ることになる(ひどい場合は、発行前に空売りされる可能性も?)ので、売り圧力が高くなる可能性が高い。(公募の場合は不特定多数の人が買うので、売り圧力はそれほど高くならないと思われる。)

といった感じでしょうか・・・


株式投資歴は長いですが、保有銘柄がこういった増資を行うことはあまり経験がなく、良い勉強にはなったと思いますが、株価が下がってしまったことは悲しいです。

調達した資金をもとに、事業が拡大して、将来的には株価が上がることを期待します。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(8914)エリアリンクと(5108)ブリヂストンが決算を発表

こんにちは。

日本株は、先週の木曜、金曜と続伸し、ひとまず一安心という感じになりました。
ただ、為替が円高に振れてきているのが、心配ではありますが。

さて、先週に保有銘柄のエリアリンクとブリヂストンの決算発表があったので、メモをしておきます。

なお、今回から売上高、営業利益、経常利益、純利益、配当プラスその他気になったことを書くようにします。

(8914) エリアリンク (現在の株価:2,411円)

2/14(水) 16:00発表

<前期>
売上高 214億円(+27.1%)
営業利益 23.8億円(+22.9%)
経常利益 24.4億円(+24.0%)
純利益 15.5億円(+35.4%)
年間配当金 40円(+1円)

<今期>
売上高 300億円(+39.6%)
営業利益 30億円(+26.1%)
経常利益 28.7億円(+17.6%)
純利益 18.5億円(19.9%)
年間配当金(予想) 46円(+6円)


エリアリンクの決算発表は、前期の利益は会社予想を上振れ、そして、今期予想は増収増益増配と文句なしの内容でした。

決算発表を受けて、株価もかなり上昇しました。

この会社は、ストレージ事業と不動産市況の影響を受けにくい底地の購入及び販売を事業の軸としており、不動産業でありながら、安定的に収益を出せるようにしようとしていることが特徴です。

減益の年があったり、まだまだ不安定な感じもありますが、実際に、安定的に収益を伸ばして、私を豊かにしてくれることを期待しています。




(5108) ブリヂストン (現在の株価:4,974円)

2/16(金) 15:00発表

<前期>
売上高 3兆6,434億円(+9.2%)
営業利益 4,19億円(-6.8%)
経常利益 4,005億円(-7.4%)
純利益 2,882億円(+8.6%)
年間配当金 150円(+10円)

<今期>
売上高 3兆8,000億円(+4.3%)
営業利益 4,630億円(+10.5%)
経常利益 4,390億円(+9.6%)
純利益 3,080億円(+6.8%)
年間配当金(予想) 160円(+10円)


ブリヂストンの決算発表は、好材料と悪材料が混在したものでした。

前期の経常利益は、アナリスト予想を下回る水準だったものの、今期予想は増収増益、前期、今期(予想)ともに増配となりました。

決算を受けて、月曜の株価はどうなるかわかりませんが、あまり変わらないような気がします。

個人的には、今期が予想通りに進捗するならまずまず、増配はややプラスの印象です。

ただし、最近は、円高と原油高に伴う材料費の高騰と外部環境が悪くなってきていることが気になるところです。

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(5857)アサヒホールディングスが公募増資を発表


11/14の引け後に、保有株のアサヒホールディングスが公募増資を行うことを発表しました。

会社からの発表によると、新規設備投資、既存設備の増強投資等のために、272万株の公募増資、自己株処分による340万株の株式売り出しを行うようです。

これを受けて11/15は、株価が10%超(2,335円→2,063円)も下がってしまいました。

増資には、メリット、デメリットがありますが、1株当たりの利益が減るデメリットが大きいと考えられてか、発表直後は株価が下がることがほとんどです。

今回もそのほとんどのケースに当てはまって、株価が大きく下がりました。

公募増資、自己株処分合わせて600万株を超えており、現在の発行済み株数の2割くらいに相当する規模というのがかなり痛かったです。

目的が新規設備投資などなので、調達して得た資金をうまく使って利益を増やしてくれれば、長期的には株価も上がっていくのでしょうが、前期に巨額ののれんの減損を出しているなど過去のM&Aの失敗の埋め合わせに資金が使われる印象があって、あまり良いイメージではないのです・・・

今年は良いニュースが多かったのですが、ここにきて、ファンコミュニケーションズのコンセンサス未達、ブリヂストンの下方修正など悪いニュースが増えてきました。

そして、間の悪いことに、少しでも悪いニュースが出ると、かなりの勢いでたたき売られる相場になっています・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(2461)ファンコミュニケーションズが決算発表を受けて急落orz

こんばんは。

今日は、日経平均が昼前に前日比プラス400円を超えていましたが、結局、マイナスになってしまいました。
なかなか激しい相場ですね。

そんな中、決算発表が続いていますが、私の保有銘柄のいくつかは大崩れしてしまいました

中でも1番ひどかったのは、期待している銘柄のファンコミュニケーションズです。

決算は、以下の通りです。
ファンコミュニケーションズ <2461> が11月8日大引け後(15:00)に決算を発表。
17年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比4.4%増の46.6億円に伸びたが、通期計画の63.2億円に対する進捗率は73.7%となり、5年平均の73.1%とほぼ同水準だった。


(株探ニュースより引用)

内容は悪くないように見えますが、コンセンサスに3%届かなかったとのことで、蓋を開けてみると、今日はマイナス13.21%の大幅安(全銘柄中ワースト7位)というひどい暴落に見舞われました。

明日はさすがに少しは戻すと思いますが、いったいなんでここまで売られたのか・・・

この銘柄は癖が強くて、なかなか思うようにいきませんね。

ちなみに、今日の引け後に、ブリヂストンも下方修正を出し、散々な1日になりました・・・


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(7297)カーメイトが2日連続ストップ高

こんにちは

9月後半から相場の流れが変わって、主に大型株が上がるようになり、私の保有銘柄の株価の多くはいまいちな動きですが、ただ1つの銘柄だけが気を吐いています。

その銘柄は、なんと、以前に保有銘柄の中で屈指の地味さを誇ると言っていたカーメイトです。

高速道路での煽り運転の事件(?)の影響で、ドライブレコーダーが売れているということが材料視されているようです。

メディアでは、以下のように紹介されています。

カーメイト<7297>がストップ高買い気配。
同社は、ドライブレコーダーとしてもアクションカメラとしても使用可能な全天周360度カメラ「d’Action 360」を2月から販売している。360度動画であることから横からの追突や衝撃も記録できるという。
高速道路での事故など車のトラブルに関する報道が相次いでおり、運転中の映像を残すドライブレコーダーへの注目度が高まっている。
これを受けて、同社製品の販売が増加するとの思惑から買いが入っているもよう。
(トレーダーズ・ウェブから引用)

ドライブレコーダーがどれだけ業績に影響を与えるかはわかりませんが、これだけ一気に株価が上がったので、いつ急落してもおかしくはないです。

日経平均を見習って、14連続ストップ高とかしてくれたらいいんですが。(←無茶言うなw)

ちなみに、日本の株式市場の連続ストップ高の記録は、2009年の(3827)フィスコの18連続のようです。
すごい記録がありますね・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(9090)丸和運輸機関が株式分割を発表!!レオスの大量保有も判明!!

こんばんは

今日(というか昨日)に保有銘柄の(9090)丸和運輸機関に2つの大きなニュースがありました。

①株式分割の発表
21日の引け後に、9月30日を基準日に、普通株式1株につき2株の割合で分割することを発表しました。

②レオスの大量保有
独立系の投信会社レオス・キャピタルワークスが丸和運機関の発行済み株式数の5.32%にあたる株式を新たに取得したのが21日に財務局に提出した大量保有報告書で明らかになりました。
(日本経済新聞より引用)


これらのニュースを受けて、今日、株価は年初来高値を更新しました。
バンザーーーーーイ


ただし、今日のところは良かったですが、今後も株価が上がっていくかというと不安な点も多いです。

アマゾンの事業がうまくいくのか、そして、増資リスクもあります。

また、某掲示板でワタミ臭がすると評されているように、低賃金、サービス残業が多いという情報が出回っていることも懸念材料です。

願わくば、事業がうまくいき、社員の労働環境も改善され、株価も上がってくれれば良いのですが・・・


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(8595)ジャフコが自社株買いを材料にストップ高

こんにちは

金曜日に、保有銘柄のジャフコに大きなニュースがありました。

27日、ジャフコ <8595> が発行済み株式数(自社株を除く)の31.6%にあたる1400万株(金額で638億4000万円)を上限に、28日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は27日終値の4560円)を実施すると発表したことが買い材料。

 需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。野村ホールディングス <8604> と野村総合研究所 <4307> が保有株を売却する意向を示したことに対応する。株価は年初来高値を更新した。

(株探ニュースより引用)

ということで、発行済み株式数の3割程度の自社株買いをするという発表により、金曜日の株価はストップ高になりました。

また、取得した自社株については、消却するようです。

自社株買いには、一株当たりの利益が増える(結果、PERが低くなる)、ROEが高くなるというメリットがありますが、自己資本が減って財務内容が悪くなるというデメリットもあります。

通常は、発行済み株式数の数%程度を自社株買いすることが多く、財務内容への影響が少ないので、メリットの方が大きいと判断されることが多いです。

今回の自社株買いは、発行済株式数の3割とかなり多いことが懸念されますが、ジャフコの自己資本比率は87%程度と高いなど財務内容がもともと良いこともあってか、市場には好感され、ストップ高となっているようです。


ただ、単純な自社株買いではなく、野村グループから独立するということのようでもあり、ジャフコ自身も保有している野村総研の株を売却する(持ち合いの解消?自社株買いの費用に充てるため?)などいろいろと他の動きもあります。


ジャフコは、現在、PER20倍程度と割安でもなく、2015年度をピークに業績も下落中とあまり良いところがなかったのですが、今年度は今のところ好調(第1四半期の経常利益は前期の2.5倍)、多額の出資をしている話題のIPO銘柄(UUUM)の上場が承認されるなど最近は良いニュースも増えてきている中で、今回の自社株買いの発表があり、少し期待しています。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

丸和運輸機関がAmazonの配送サービスを担うとの報道がありました。

こんばんは。

今日は、保有銘柄の(9090)丸和運輸機関に大きなニュースがありました。

日経新聞の朝刊で、丸和運輸機関がAmazonの配送サービスを担うとの報道があったようです。
(リンクは会員でないと途中までしか読めませんが、丸和が個人運送業者を組織化して、アマゾンの当日配送サービスを委託するとのこと。そのための投資総額は100億円を超える見込みで丸和が負担するようです。

これを受けて、株価は急伸しました。
途中から勢いはなくなりましたが、それでも今日は、前日比5%程度上がりました。

世間で話題となっている注目度の高いサービスに新規に参入するということは、勢いのある証なので、良い材料ではあると思います。(報道がガセネタでなければ・・・)

ただ、長期的に見ると、佐川やヤマトが割に合わないからと撤退したサービスを受注して、果たして利益を出せるのかという懸念はあります。

また、短期的には、投資費用100億円をどうするのかという懸念もあります。
増資をするとなると、少なくとも一時的には株価が下がってしまいそうです。

アマゾンの当日配送サービスは、株と関係なく、一社会人としてかなり注目していましたが、今後は保有株にもかかわる問題となるので、さらに注視していきます。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(8713)フィデアホールディングスの決算発表はだめだめでした・・・

こんばんは

ここのところ続いていた国内企業の決算発表のピークは、昨日で終了しました。
(5/12は971社、5/15は406社、今日は9社)

昨日、保有銘柄のフィデアの決算発表があったので、メモをしておきます。

(8713) フィデアホールディングス(現在の株価:201円)

フィデアホールディングス <8713> が5月15日昼(12:30)に決算を発表。
17年3月期の連結経常利益は前の期比53.7%減の59.8億円になり、18年3月期も前期比39.9%減の36億円に落ち込む見通しとなった。

(株探ニュースより引用)


フィデアの決算は、残念ながら、悪かったです。

前期の結果が悪いのは予想通り(アナリストのコンセンサスより良かったのでむしろ良かった)のですが、今期予想がひど過ぎました。
今期の減益もひどいのに、そこからさらに40%近くも減益とは・・・

この銘柄は非常に割安感があり、また、話題のベンチャー企業スパイバーと関わりが深いという材料があることから購入したのですが、あまりの業績の低迷ぶりに割安感がほとんどなくなってしまっています。

買ったときは、PER5倍くらいで、現在は買値から株価が下がっているのにも関わらず、PERは13.5倍・・・

決算発表を受けてなのか、今日は-7.37%の大幅安でした。(昨日の昼の発表だったのになぜか昨日はあまり下がっていませんでした。)
悲しいですが、妥当な値動きと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

(3646)駅探、(4658)日本空調サービス、(7297)カーメイトが決算を発表

こんにちは。

今日も私の保有銘柄の決算発表の続きです。

(3646) 駅探(現在の株価:696円)

駅探 <3646> [東証M] が5月12日大引け後(15:30)に決算を発表。
17年3月期の経常利益(非連結)は前の期比23.8%増の6.2億円に伸びたが、18年3月期は前期比33.1%減の4.1億円に落ち込む見通しとなった。

(株探ニュースより引用)


駅探の決算は、前期の結果はアナリストの事前予想を上回り良かったのですが、今期予想はだめでした。

結局、業績が伸び悩んでいるということなので、しばらくは業績面からは株価が大幅に上がるということはないと思います。

もっとも、この銘柄は地味に見えて、過去に5日連続ストップ高を記録したことがあるように、まれに仕手株化することがあります。
(人間に例えると、おとなしそうに見えて切れたらやばい奴です??)

現状、割安感があり、下値は限られていると思うので、何かの材料で爆発することを期待して保有を続けます。


(4658) 日本空調サービス(現在の株価:695円)

日本空調サービス <4658> が5月12日大引け後(15:40)に決算を発表。
17年3月期の連結経常利益は前の期比4.4%増の24.8億円になり、18年3月期は前期比0.7%増の25億円とほぼ横ばいを見込み、4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。
7期連続増収、5期連続増益になる。

同時に、前期の年間配当を20円→22円(前の期は1→2の株式分割前で30円)に増額し、今期も22円を継続する方針とした。

(株探ニュースより引用)


日本空調サービスの決算は、良かったです。

この銘柄は、空調のメンテナンスというストック型のビジネスを行っており、少しずつですが、利益、配当が伸びています。

こういったストック型ビジネス、少しずつ成長という銘柄を安い株価で買うのが長期投資の理想です。

類似企業の三機サービスの株価の伸びも良く、空調メンテナンス業界の銘柄は狙い目かもしれません。


(7297) カーメイト(現在の株価:4591円)

カーメイト <7297> [JQ] が5月12日大引け後(16:00)に決算を発表。
17年3月期の連結経常利益は前の期比35.7%増の3.6億円に伸び、18年3月期も前期比68.8%増の6.2億円に拡大する見通しとなった。
3期連続増益になる。
(株探ニュースより引用)


カーメイトの決算は、良かったです。

前期分については少し前に下方修正があったので、材料になりませんが、今期予想が良かったです。

この銘柄は、私の保有銘柄の中でも屈指の地味さを誇ります(出来高ほとんどないです・・・)が、業績面では底を打った感があるので、少しだけ期待しておきます。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード