久々の急落

こんばんは。

今日は、ずいぶん久しぶりに日本市場が急落しました。
日経平均は、マイナス400円を超え、今年1番の下げだったようです。

日本の問題がどうこうというより、アメリカ市場が急落したことと円高に振れたことが主な原因と思いますが、今日も今のところは、ダウがマイナス、円も111円を切りそうになっており、この調子だと明日すぐに反発するというのは難しそうです。
(もっとも、これから寝ている間に流れが変わっている可能性もありますが。)

ここまで、相場の調子が良すぎただけなので、この程度の調整は十分あり得るものと思っていて、少し前に、最近は株価が高い水準で買いたい銘柄が少ないので、多少下がってくれても構わないと書きましたが、実際、下がると不安になりますね。


理想を言うと、株価が高い水準で利益確定→下がったところで買う→高い水準で利益確定→以下繰り返し
→→→大金持ち
なんですが、現実は、ほとんどの銘柄の保有を続けているだけで、なかなか動けないのです・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

証券会社へのマイナンバーの登録を行いました

こんばんは。

今日は、証券会社へのマイナンバーの登録を行ってみました

法令により、2016年以降に証券会社に口座を開設する場合はマイナンバーの登録が必須、またそれ以前に口座開設していた場合も2018年12月末日までに登録しないといけないようです。
(登録しないと取引ができなくなる可能性もあるようです。)

また、NISA口座を開設している証券会社には、2017年9月末までにマイナンバーを登録しないと、再度、NISA口座開設の手続きが必要になるようです。
(SBI証券より引用)

マイナンバー裏

証券会社にマイナンバーを登録しないといけないことは知っていましたが、手続きがめんどくさそうなので、先延ばしにしていました。

また、口座を開設している証券会社が5社と多くて、それぞれ登録しないといけないので、めんどくさいことこの上ないのです。
(配当金の支払方法のように、1社で登録すればOKとしてくれれば良いのですが。技術的には可能でしょうが、個人情報保護の問題でできないのかもしれません。)

とは言え、5社あるので、早めに登録を開始しておいたほうが良いと思って、今日やってみました。

ネット証券(SBI証券、マネックス証券、楽天証券)については、郵送と画像アップロードのどちらかを選べるようになっており、郵送は手間がかかるので、アップロードを利用することにしました。

もしかしたら、知りたい方がいらっしゃるかもしれないので、各証券会社のアップロード方法を少し詳しくメモしておきます。

【SBI証券】
写真を撮って、その画像を所定の画面にアップロード。

登録画面は、ログインして口座管理→お客様情報設定・変更→マイナンバー


【マネックス証券】
写真を撮ってその画像をアップロード。
(注意点としては、SBIと違って裏面の画像も必要です。SBIで撮った写真を使いまわせてラッキーと思ったら、裏面が必要で撮り直し・・・愕然としました。上に掲載した画像がそれです・・・)

登録画面は、ログインして、メッセージボードの「マイナンバーのご提出をお願いいたします」のメッセージから登録先に行けます。


【楽天証券】
スマホアプリ「iSPEED」で読み取り。
(写真が必要なく、読み取った後に登録された番号も表示されるので、きちんと登録できたという手ごたえもあります。)

登録方法は、iSPEEDを起動し、資産口座→マイナンバーを登録→画像を読み取るという流れです。


登録のしやすさは、楽天証券>SBI証券>マネックス証券でした。

ただし、スマホを使っていないと楽天証券は郵送になってしまうので、その場合は、SBI証券>マネックス証券>楽天証券です。

なお、総合証券(野村ネット&コール、SMBC日興証券)については、アップロードが無理で、郵送か支店での登録(?)になるようです。

せっかくの機会なので、余裕があれば、支店に突撃してみる予定です。

支店に訪問→わざわざ良く来てくれました。お礼に特上のIPOを差し上げますとかいう流れにならないかなあ・・・(妄想です







にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

日本株は、このまましばらく堅調に推移する?

こんばんは

最近の日本株は、日経平均で、なかなか2万円の大台を超えることはできないものの、堅調に推移していますね。

特に、中小型株のパフォーマンスが良く、私のポートフォリオも含み益が増えてきています。

市場のニュースもあまり悪いものがなく、全体的に楽観的な感じになっていますが、実際はどうなんでしょう??

個人的には、堅調な時期が長く続いてるので、そろそろ調整があってもおかしくないし、高値圏なので、大きく下押しする可能性もあるのではと考えています。
それなのに、悪いニュースがあまり取り上げられていないというのがかえって不気味な感じがします。

現在、株価が調整するきっかけになるかもしれないと思っているのは、以下の3点です。

①アメリカの動向

現在、日本株が堅調なのは、アメリカ株が絶好調でそれに引きずられている面も大きいです。
利上げなどなにかのきっかけでアメリカ株が調整することは十分にありえます。

また、トランプ大統領の発言にも要注意です。
円安を容認しないという発言があれば、アメリカ株は堅調でも日本株が低調に推移する可能性があります。


②ヨーロッパの選挙

2017年は、フランス、ドイツなどヨーロッパの選挙が数多く予定されています。

多くの国で、EU離脱派が勢力を伸ばす可能性があり、昨年度のブレグジットのような事態になるかもしれません。

ブレグジット、アメリカ大統領選挙での教訓ですが、この件に関しては、マスコミの事前予想はあまりあてにはできません。
(マスコミの情報は、単純な予想だけでなく、マスコミ自体の願望が入っていると思います。)

まずは、3月にオランダの選挙が予定されています。


③日本の政局不安

今のところは大きくならなさそうですが、森友学園の問題に端を発して、日本が政局不安になる可能性もあります。

世論は、急に高まりを見せるので、もしかしたらというのはあります。
(政治家の口利きはどの国でも多かれ少なかれあるので、韓国の問題も他人ごとではないのです・・・)

例えば、安倍首相が急に辞任するなどとなれば、株価が大幅に下がる可能性が高いです。


といろいろ考えれば、心配事は切りはないのですが、杞憂に終わる可能性も十分にありますね。

個人的には、現在の株価の水準では買いたい銘柄が少なく、1回調整してもらっても良いのですが・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年2月の日本株の騰落率ランキング

こんばんは。

今日は、2017年2月の日本株の騰落率上位の銘柄を見ていきます。
(なお、当月の新規上場銘柄は除いています。)

値上がり率3位は、(2160)ジーエヌアイグループで、219円→516円(+135.62%)でした。

この会社は、バイオ創薬ベンチャーです。
中国が研究開発、製造拠点という特色を持っているようです。

この会社の薬「アイスーリュイ」が中国の新保険目録に収載されたというIRがきっかけで株価が暴騰しているようです。


値上がり率2位は、(2721)ジェイホールディングスで、427円→1,080円(152.93%)でした。

事業内容は、不動産とWeb事業、フットサル施設の運営です。
外断熱住宅事業から撤退し、今期の業績予想が大幅な増益となったことで、株価が上がっているようです。

経常利益が2億円くらいになる見通しと額自体はそれほど大きくないように見えますが、時価総額が20億円程度と非常に小さく、前期の利益が1,000万円程度で伸びがすごいです。

つぶれかけの会社が一発当てたという感じなのかもしれません。


値上がり率1位は、(6254)野村マイクロ・サイエンスで、328円→1,100円(235.37%)でした。

事業内容は、超純水装置の大手。韓国・台湾企業向けの取引が多いのが特徴のようです。

この会社は、上方修正がきっかけで株価が上がったようです。

経常利益が従来予想の8倍超になるという半端ない上方修正なので、材料視されたのも当然かもしれません。
パッと見た感じでは、売上は少ししか伸びないのに、利益だけが異常に伸びる見通しで不思議な感じがしますが、詳細ははっきりわからなかったです。


今回もどの銘柄もリスクが高く、とても事前に買える銘柄ではなかったですが、強いていうなら、業績が伸びる見通しを出した直後のジェイホールディングス、野村マイクロはまだ手を出しやすかったかもしれません。

月間騰落率上位の会社は、材料が豊富で、ゲーム関連やバイオベンチャーが多いというイメージを持っていましたが、必ずしもそうではなく、業績がぼろぼろだったり、つぶれかけているような会社が盛り返すというケースもあるようです。


なお、ジーエヌアイグループとジェイホールディングスの勢いはまだ衰えておらず、本日もストップ高でした。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年3月のIPO

こんばんは

毎年、3月のIPOは多いですが、今年も現時点で15社とかなり多くのIPOが予定されています。

軽く調べてみた感じでは、初値が公募価格の何倍にもなりそうな銘柄は少なく、やや小粒なイメージですが、いろいろと興味深い銘柄が多いです。

上場日銘柄名
3/7ロコンド
3/9ピーバンドットコム
3/15ファイズ
3/16うるる
3/16ほぼ日
3/17ジャパンエレベーターサービスホールディングス
3/17ビーグリー
3/21インターネットインフニティ
3/21力の源ホールディングス
3/22エスキュービズム
3/22フルテック
3/22マクロミル
3/23グリーンズ
3/24オロ
3/24ソレイジア・ファーマ


1番有望そうなのは、芸能人が代表を務めていて話題性があり、吸収金額も少ないほぼ日でしょうか・・・
実際は、吸収金額が少ない銘柄が多く、蓋を開けてみたら、思った以上に上昇したという銘柄も出てきそうですが。

普段、アンケートを利用することがあるので、親近感はありますが、吸収金額がかなり大きく、また、再上場案件のマクロミルはだめそうです。

ほぼ日もマクロミルもですが、今回は、業務内容的に注目している銘柄が多いです。

悪い意味で1番注目しているのは、ビーグリーです。
普段、スマートフォンでサイトを良く見る方やグーグルアドセンスを利用する方はご存知かもしれませんが、えぐい、いかがわしい広告で悪名高きまんが王国の運営会社です。
完全に私怨ですが、全く応援できる企業ではないので、ここはZMPみたいに上場中止になって欲しいです。

その他、社名からは全く想像がつかない業種のインターネットインフニティ(介護事業)やなんか力強そうな力の源ホールディングス(ラーメン屋)などなどおもしろそうな銘柄が多いです。

ただ、もしかすると、本当は地味な銘柄に注目するほうがいいのかもしれません。というのも、IPOが当たる確率は非常に低く、初値形成後に株価が上昇する銘柄であれば、当選しなくても普通に市場で買えるからです。

昨年度3月のIPOを見ても、初値が冴えなくてもその後株価が結構上がっている銘柄(中本パックス、アカツキなど)があり、セカンダリーでそういった銘柄を買うことを考えてみようと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : IPO
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年1月の日本株の騰落率ランキング

こんばんは。

今月から、月間の日本株の騰落率ランキングの記事を書いてみることにしました。

基本的には、株価が上昇した銘柄を取り上げようと思いますが、場合によっては、大幅に下落した銘柄も取り上げてみます。

では、早速、2017年1月の日本株の騰落率上位の銘柄を見ていきます。
(なお、当月の新規上場銘柄は除いています。)

値上がり率3位は、(3825)リミックスポイントで、142円→311円(+119.01%)でした。

事業内容は、中古車査定システムのようですが、最近では、電力管理事業、売電事業に進出しています。
仮想通貨の子会社があり、サービスの強化などを発表したことが急騰した原因のようです。

いろいろな事業に進出していて、利益が出ることはなんでもするという企業なのでしょうか??
仮想通貨は、最近勢いのあるテーマの1つですね。


値上がり率2位は、(3556)リネットジャパングループで、3,080円→6,930円(125%)でした。

この銘柄は、12月に新規上場した銘柄です。
事業内容は、ネットリユース事業とネットリサイクル事業で、ネット版のブックオフのような感じでやや地味ですが、直近のIPO銘柄で注目を浴びやすいこととリサイクル事業が材料視されて株価が上昇したようです。

リユースと聞いただけで落ち目という印象なんですが、強みがありそうなところとやはり、直近IPOなので、なにかのきっかけで株価が大きく動きやすいということだと思います。


値上がり率1位は、(3810)サイバーステップで、389円→883円(126.99%)でした。

事業内容は、オンラインゲームの開発です。
オンラインのクレーンゲームが人気ということで株価が上昇したようです。

この銘柄は、以前ゲーム銘柄の研究をしていたときに、時価総額が小さく急騰する可能性がある銘柄と注目していました。ただ、やはりリスクが高すぎて買うことはできませんでしたが・・・
今から見ても、元取締役の不正送金問題とかもあって、危険過ぎて手を出せる銘柄ではないですね。


個人的には、1月は、サイバーステップと水素製造技術で急騰した(3441)山王が印象に残りました。
どちらもストップ高での株価の上昇もすごかったのですが、その後のストップ安も目立っていました。

月間騰落率上位の銘柄について初めて書きましたが、書いてみて気付いたことは、意外と株価上昇の理由を見つけるのが大変ということです。
保有銘柄やよほど注目している銘柄以外は、なかなかわからないものだと思いました。

あと、こういった記事を書いて考察することで、月間騰落率上位の銘柄を早めに買えるようになりたいというのが本当の趣旨なんですが、今回まじめに考えてみて、どの銘柄もリスクが高すぎてとても買える銘柄ではないなあと感じました。

ただの仕手株研究会になってしまいそうですが、せっかく始めた企画なので、しばらくは続けてみます・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2月の日本市場の傾向は?

こんばんは

最近は、とても寒いですね。
寒いせいなのか、会社に行くのが疲れてきたのか、毎朝、腹痛に見舞われています・・・

もうすぐ2月ですが、まだまだ寒くて厳しい季節が続きそうです。

さて、2月と言えば、寒い以外にも印象があって、株価が軟調に推移するというイメージがあります。

実際は、どうなのかを過去の日経平均株価を使って調べてみます。


2010年から2016年までの日経平均株価(始値、終値、高値、安値)を見ていきます。

 始値高値安値終値
201617,86517,86514,95216,026
201517,55818,79717,33518,797
201414,61915,05114,00814,941
201311,19111,66211,04611,559
20128,8099,7238,8099,723
201110,27410,85710,27410,624
201010,20510,4049,93210,126


わかりにくいので、ローソク足で見てみます。

2月日経平均

ここ7年間を見ると、意外なことに、株価が上がっているケースが多いです。

ただ、ここ3年間を見ると、下髭があることから、軟調な場面があったと思われ、そのことが2月=株価が軟調というイメージにつながっているような気がします。
(昨年度の強烈な下げの印象が強いということもありますが。)

どうまとめたら良いかわかりませんが、単純にデータから判断すると、途中、軟調になるケースもいくつかありますが、2月末に近ずくにつれて株価が上がる傾向がある感じです。

過去のデータなので、参考に過ぎませんが、2月の途中までは買い目線、終盤は売り目線で考えてみようと思います。
(途中の安いところで買って、高くなってきたところで売るイメージです。)

チャンスがあれば、日経平均のETFの売買で試してみる予定です。

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2016年度の日本株個別銘柄の騰落率ランキング

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

今年は、去年とは違い、日本株は堅調なスタートになりました。
この流れがいつまで続くかわかりませんが、最近は異様な強さですね・・・

さて、今日は、いまさらですが、2016年度の日本株個別銘柄の騰落率ランキングについて振り返ってみます。

毎年のように株探のページで、値上がり率上位の特集値下がり率下位の特集が掲載されていました。

株探のページは、値上がり、値下がりの理由の考察もされているので、便利です。
ただ、上場廃止銘柄は含まれていません。

また、こちらのサイトは銘柄に関するコメントはありませんが、2010年以降の値上がり、値下がり率上位100位が掲載されています。
ただし、上位銘柄の穴吹興産、日本工営、伏木海陸運送など株式分割が行われたことが考慮になっていないことが理由のものも含まれているので、注意が必要です。

昨年は、株式分割や併合が多かったのか、ランキングを掲載しているサイトが見にくくなってしまいました。
(自動で株価を取得するサイトにとっては、分割、併合はやっかいですよね・・・)


さて、前置きが長くなりましたが、本題に入って、2016年度の値上がり率1位は(3647)ジー・スリーホールディングス、2位は(6258)平田機工、3位は(3415)TOKYO BASE でした。

ジー・スリーは太陽光発電関連への参入、平田機工は半導体・有機EL製造装置の受注好調、TOKYO BASEはセレクトショップで業績が良いことが材料視されたようです。
テーマ性もありますが、どの銘柄も業績が拡大しています。

株探にも書かれていますが、2016年は、テーマ性より業績の拡大を背景に株価が上昇した銘柄が目立っていたようです。

他には、(3331)雑貨屋ブルドッグ(上場廃止:アクサスホールディングスとの株式交換)の急騰が印象に残っています。


値下がり率上位は、(2369)メディビックグループ、(9898)サハダイヤモンド、(6891)イーター電機工業など、やはり、上場廃止銘柄が多くなっています。

個人的には、数年間ずっと低空飛行を続けていたサハダイヤモンドが力尽きたのが印象に残っています。


なお、私の保有銘柄は、上位にも下位にも入っていませんでしたが、下位の銘柄の中には買うことを検討していた銘柄(日医工、コメ兵、Mipoxなど)がけっこう含まれていて冷や汗をかいています。

騰落率ランキングはこれまで年に1回紹介していましたが、今年からは、月1回(月初)調べてみて、記事にしようと考えています。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

高配当銘柄の権利落ち日の下げ

こんばんは。

今日は、日経平均が前日比-1.34円(-0.01%)とほとんど変わらなかったので、穏やかな相場かと思ったら、私の保有銘柄の(5108)ブリヂストンと(8914)エリアリンクが結構下げてしまいました。

何事かと思い、調べてみたら、そう言えば、今日は、12月決算銘柄の権利落ち日でした。

権利落ち日ということで、高配当銘柄が下げていたというのが答えですが、気になったので、他の12月の高配当銘柄がどうなっているかも調べてみました。

各銘柄の今日の騰落率と権利付最終日(12/27)の終値ベースで計算した期末配当利回りは、以下の通りです。

コード銘柄名騰落率期末
配当利回り
8186大塚家具-13.77%5.99%
5015ビーピー・カストロール-5.53%2.60%
4725CAC Holdings-1.71%2.14%
7751キャノン-3.34%2.20%
5108ブリヂストン-2.12%1.60%
8914エリアリンク-3.09%2.94%


どの銘柄もかなりきつい下げになっており、また、CACを除いて、騰落率のマイナスが期末配当利回りを上回っているという結果でした。

たまたまですが、今日は、日経平均はほとんど変わらず、市場の動きがなかったので、市場が原因の下げはほとんどなく、個別銘柄が要因の下げと思われます。

結果論ですが、配当目当てで昨日の終値で買っていると、現時点では配当をもらってもマイナスになるケースがほとんどだったということです。

いつも同じ動きをするわけではないので、言い切ることはできませんが、今回の結果からは、高配当銘柄を権利付最終日で買うのは危険(というか、むしろ、売るチャンス?)、また、あえて、権利落ち日に高配当銘柄を購入するという戦略もありそうです。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2016年のIPOの当選は、ありませんでしたorz

zenmetsu

2016年12月のIPO抽選結果が出そろい、全て落選でした

これで、2016年のIPOの全滅が確定しました

参考に、今年度、補欠当選だったものを挙げておくとLINE、KHネオケム、九州旅客鉄道、アイモバイル、岐阜造園、WASHハウスでした。
(落選分が全て補欠になるSMBC日興証券は除いています。)

補欠当選すら、ほとんど超大型の銘柄か、初値が公募価格割れした銘柄のどちらかになっています。

ちなみに、WASHハウスだけは、補欠から応募しましたが、繰上当選ならず・・・

いまさらながら、IPOってほとんど当たらないんじゃないかと思い始めてきました。

今の心境は、こんな感じです。


続きを読む


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : IPO
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。