株主総会の季節がやってきました

こんばんは

ちょっといろいろ忙しくて、ブログの更新が滞っていて、久しぶりの更新です。
当面、忙しいのが続きますが、生存報告として、できれば週1回くらいは更新したいのですが。

さて、6月は、3月末決算の企業の多くが株主総会を行うということで、とても株主総会多いシーズンです。
私の手元にも続々と案内の手紙が届いています。

スケジュールは、日経のHPで調べることができますが、来週、再来週に開催する企業が多いようです。

私は、毎年、大企業1社と小さめの企業1社の合計2社の株主総会に出席することを目標としていますが、今年は忙しくて難しそうです。

ブログ内でもこれまでに参加した株主総会について紹介していますが、企業それぞれに特徴があっておもしろいです。
個人的には、小さな企業のほうが参加者も少なく、当事者意識を持ちやすいというか楽しいのですが、大企業だと他の方も関心があるのかブログに検索でアクセスしてくれる人もいて需要が高いという感じです。

保有銘柄で参加したい銘柄は、リクルートホールディングス、ジャフコ、イオンフィナンシャルあたりですが、平日なのでスケジュールを合わせるのが大変です。
せめて1社は行きたいですが、有休取れるかなあ・・・

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株主優待&総会のおみやげ
ジャンル : 株式・投資・マネー

なんとも言えない相場が続きます・・・

こんばんは

今年も早くも2月になりました。

最近は、決算発表が多く、値動きが派手な銘柄が増えてきましたが、昨年末の下げがすごすぎたせいか、のんびりしているように感じます。

私の保有銘柄は、今のところ、まずまずといった感じです。

今年は、1月が比較的堅調だったので、昨年の負け分をいくらか取り戻しており、良い感じではあるのですが、ここからどう動いたら良いのかわからないのです・・・

保有銘柄を売りたいわけでもなく、かといって買い増ししたいという気持ちにもなれず・・・

本当は、保有銘柄の決算情報をしっかりウォッチして、利益確定や損切の準備を進めたり、買おうと思っている銘柄はあるのでその研究をしたほうが良いのですが、あまり身が入っていません。


株関係でやっていることは、話題の銘柄サンバイオを見ているくらいです。
保有しているわけでもなく、買うつもりもないので、なんの得にもならないのですが、値動きの派手な銘柄はつい目がいってしましますね。

あと、ヤフーの掲示板や市況株全力2階建ての煽りやギャグがおもしろいというのもあるかもしれません。
野村証券やcis氏など、登場人物も多彩になってきました。


久しぶりにブログを書きましたが、落書きというか、とりとめのない感じになってしまいました・・・
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2018年度の日本株個別銘柄の騰落率ランキング

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は12月の急落がひどく、株式市場は軟調でした。
今年の日本株式市場はまだ始まっていませんが、円高が進んでいることや日経平均の先物が年末と比べて600円くらい安くなっていることなどから不安なスタートになりそうです。


さて、今日は、2018年度の日本株個別銘柄の騰落率ランキングについて振り返ってみます。

毎年のように、株探のページで、値上がり率上位の特集値下がり率上位の特集が掲載されていました。

株探のページは、値上がり、値下がりの理由の考察もされているので、便利です。
ただ、上場廃止銘柄は含まれていないので、値下がり率については、実際はもっとひどい銘柄があります。


本題に入って、2018年度の値上がり率1位は(3906)ALBERT、2位は(2164)地域新聞社、3位は(9820)エムティジェネックスでした。

ALBERTはAI、ビッグデータ分析と流行の業種で、業績が拡大していることとトヨタ、KDDIなどの大手との業務提携が材料視されたようで、地域新聞社は業界再編の思惑、エムティジェネックスは需給面から仕手株化したとされています。

ALBERTは2015年のIPO銘柄として、地域新聞社は立会外分売の分析をしたことがあったので、名前は知っていましたが、なかなか買えるような銘柄ではないですね。

エムティジェネックスにいたっては、名前すら知らなかったのですが、あまりの株価の変動の大きさにびっくりしました。


記事によると、昨年は、IT関連の銘柄が上位に多かったようです。

私個人の印象としては、ALBERTもそうですが、鎌倉新書、リンクバル、シルバーライフ、UUUMなど上場して4~5年以内の銘柄が多かったように思います。


昨年は、値上がり率50位の銘柄は+70%止まり(一昨年は3倍くらい)、値下がり率50位の銘柄が-70%(一昨年は-30%くらい)と例年より厳しい相場だったことを反映した騰落率になっています。
(とは言え、1位のALBERTが9倍越えるなど、上位は十分すごいのですが。)

なお、私の保有銘柄は、上位にも下位にも入っていませんでした。

今年は、上位に入る銘柄を1つくらいは保有していたいものです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

NISAのロールオーバー

こんばんは。

相場はかなり激しく動いていますが、今日は、NISAのロールオーバーについて書いてみたいと思います。

NISAは、2014年から始まった制度で、このブログでも軽く取り上げました(現在は、非課税枠が120万円に増えています)が、もうすぐ、2014年度分の非課税期間5年が終わります。

ただし、この制度では、非課税期間終了前に、銘柄ごとに、非課税期間を延長(ロールオーバー)することも可能となっています。

ロールオーバーしない場合は、課税口座(特定口座や一般口座)に払い出されます。


注意点は、以下の3つです。

①該当の株式の取得金額が、払出時の時価に変更される。
②年間の非課税枠(120万円)を超えていても、全額をロールオーバーすることができる
③積立NISAを選択している場合は、ロールオーバーできない

特に、①は買付時から株価が下がっていて、ロールオーバーを行わない場合、将来、その銘柄の株価が上がれば、本来は払う必要がない税金を払うことになる可能性があるので、注意が必要です。


ちなみに、私は、楽天証券でNISA口座を保有していますが、ロールオーバーをする場合は、WEB上で申し込み、その後、NISAロールオーバー申込書を提出するという流れになっています。
(おそらく、他の証券会社も似た感じかと思います。)


非課税期間終了までに、選べる選択肢は、ロールオーバーする・ロールオーバーしない・売るの3つですが、この機会にもう一度保有銘柄の状態について調べてどうするか検討する良い機会と考えています。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

東京オリンピック開幕まであと2年を切って、オリンピック関連銘柄の動きは??

こんにちは

2020年の東京オリンピックは7/24に開催することが予定されており、開催まであと2年を切りました。

オリンピック関連銘柄の値動きを毎年追っていますが、今年も同じように見ていきたいと思います。
(前回の分析の記事は、こちらです。)

ということで、私が勝手に選んだオリンピック関連銘柄について、昨年の分析時(8/4)からの動きを見てみます。
(大成建設、ミズノについては、株式併合を考慮して、騰落率を算出しています。)

銘柄名2017
8/4終値
2018
8/24終値
騰落率
鹿島979805-17.8%
清水建設1,179992-15.9%
大成建設5,4405,090-6.4%
大林組1,3501,042-22.8%
ショーボンド5,9907,80030.2%
ピーエス三菱538499-7.2%
ミズノ3,1852,980-6.4%
デサント1,4472,05041.7%
アシックス1,9411,638-15.6%
ゼビオ2,1221,618-23.8%
日経平均19,95222,60213.3%


調べてみて驚いたのですが、ほとんどの銘柄(ショーボンド、デサント以外)のパフォーマンスは、かなり悪いです。

あと、これはやっぱりという感じなのですが、日経平均がかなり強く、比較対象としてはTOPIXのほうが良かったのかもしれません。

各銘柄の業績も軽く確認してみましたが、銘柄によってまちまちで、必ずしも、業績が悪いから売られているという感じではありませんでした。

私の結論としては、昨年からは日経平均の構成銘柄など一部の銘柄が買われている状態で、オリンピック関連銘柄はあまり物色されておらず、割安感が出てきている銘柄もあるので、このあたりで買ってみるのもおもしろいと思います。


とは言え、関連銘柄はたくさんあるので、どれを買うのかは難しいところです。

毎年言っていますが、株価があまり上がっていなければ、上記の銘柄の中では、間違いなく、ショーボンドがイチオシなんですが、昨年度から30%超も上がってしまってはさすがに買う気がしないです。

それでも、あえて、良さそうなものを選ぶとすれば、業績が良いのに株価が下がっている大林組、ミズノ、ゼビオ辺りが候補でしょうか??

もちろん上記の銘柄の中だけから選ぶ必要はなく、再度、関連銘柄を探してみるという手も有力です。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

【敗者の証】SBI証券のIPOチャレンジポイントが400越!!

こんばんは

先日、SBI証券のIPOチャレンジポイントが400を超えました。

チャレンジポイントIPO2

IPOチャレンジポイントとは、
新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されます。
次回以降のIPOお申し込み時に、IPOチャレンジポイントを使用することによりIPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントプログラムサービスです。

つまり、IPOチャレンジポイントとは、IPOに外れた者に贈られる敗者の証なのです。


昨年の12月に300ポイントを達成して、わずか8カ月程度で400を超えたのですが、この間に100回IPOに外れたというわけではありません。

少し前に、IPOチャレンジポイント増額キャンペーンというのがあったようで、一定期間、通常の5倍のポイントがもらえたようです。

さて、これだけポイントが貯まってくると、いったいどれくらいの価値があるんだろうと気になるところですが、「IPOチャレンジポイント 価値」などと検索してみると、いろいろと調べて推測しているサイトがいくつかあります。

軽くのぞいて見た感じだと、1ポイント=1,000円~5,000円くらいの価値があるようです。

私は、400ポイントなので、40万円~200万円くらいになるのでしょうか??
ただ、良いIPOにポイントをつぎ込んで当選しないといけないので、机上の空論ですね。

あとは、今回のようなポイントのばらまきが行われる頻度も増えそうなので、価値が下がっていく(インフレ??)懸念もあります・・・
そう考えると、早くポイントを使ってしまったほうが良いという考えもありそうです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : IPO
ジャンル : 株式・投資・マネー

今年の日本株式市場について~厳しい中小型株~

こんにちは

久しぶりの投稿になりますが、トルコリラショックなどがあり、株式市場はさえない状況が続いています。

今年は、日経平均で見ると、それほど下がっていないのですが、中小型株や新興株はかなり下がっている感じです。

せっかくなので、具体的に指数の騰落率を見てみようと思います。
 12/29終値8/17終値騰落率
日経平均22764.9422270.38-2.2%
TOPIX1817.561697.53-6.6%
JASDAQ指数175.21161.36-7.9%
マザーズ指数1231.99958.8-22.2%

体感通り、日経平均は-2.2%しか下げていませんが、より市場全体を表しているTOPIXは-6.6%、新興のマザーズにいたっては-20%越えとえらいことになっています・・・


ちなみに、東証の規模別の指数は以下の通りです。
 12/29終値8/17終値騰落率
大型1638.921561.14-4.7%
中型2208.932006.95-9.1%
小型3583.13264.85-8.9%

今年は、大型株はなんとか粘っているものの、中小型株はかなり厳しい状況です。

理由はわかりませんが、大型株や日経平均が買われやすい(売られにくい?)相場になっています。
日銀や年金機構の買いも影響しているのかもしれません。


個人投資家は、中小型株を売買している人が多いと思うので、パフォーマンスが優れない人が多いのではないでしょうか?

ちなみに、私の保有銘柄も中小型株が多いので、パフォーマンスは優れず、TOPIXやジャスダックに近い感じになっています。


早く中小型株や新興市場にお金が回って来て欲しいものです。

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

株主総会のシーズンがやってきました

こんばんは

毎年恒例の3月決算銘柄の株主総会が多く開催される時期になりました。

開催のピークは、6/28(木)で、3月決算銘柄の3割くらいがこの日に株主総会を行うようです。
(トヨタなど開催が早い会社は、今週に行っているところもあります。)

昨年度は、ユナイテッドアローズ三菱商事の株主総会に参加しましたが、今年も有給が取れれば、1~2社の株主総会に参加するつもりです。

大型株1社と中小型株1社が理想ですが、すでに3月にリンクアンドモチベーションの株主総会に参加したので、今回は、大型株の株主総会に優先して行く予定です。

ちなみに、保有銘柄の中でのウエイトの大きさを考えると、丸和運輸機関、リクルート辺りに行くのが望ましいのですが、残念ながら、開催日に有給が取れなさそうです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株主優待&総会のおみやげ
ジャンル : 株式・投資・マネー

決算発表が不安

こんにちは

少し前から、3月決算銘柄の決算発表が本格的に始まりました。
発表のピークは、5/10(420社)、5/11(839社)辺りになるようです。

決算発表の内容によっては株価が大きく動くので、いつも関心を持って見ていますが、今回は特に心配しています。

理由は、以下の3つです。

①2月くらいから決算発表を受けて、急落している銘柄が多く見受けられる

統計を取ったわけでなく、感覚的なものなんですが、少しでも決算が悪いとたたき売られるという銘柄が多かったように思います。


②円高の影響で、今期の決算予想が悪くなる銘柄が増える

この部分については、少し前から円安に振れて来ているので、大きな問題にはならなさそうです。
(会社によっては、少し前のレートをもとに決算予想をしているところもあるかもしれませんが。)


③前年度の決算が良かったが、反動で今期の決算予想が悪くなる銘柄が多そう

前年度の決算については、おそらく良い数字が出てくるとは思いますが、株価にはすでにほぼ織り込み済みでたいした材料にはならないものが多くなりそうで、実際には、今期予想のほうが材料になりやすいと思います。

今期予想が悪いと、①2月くらいから決算発表を受けて、急落している銘柄が多く見受けられるとの組み合わせで、大きく株価が下がる可能性が高いです。


典型的な例としては、(6954)ファナックが挙げられます。

ファナックは、4/26引けに決算を発表したのですが、経常利益ベースで、前期は+47.8%、今期は-26.4%予想という結果でした。
(売上高、営業利益、純利益も同様に、前期増益、今期減益予想でした。)

決算発表を受けて、4/27の株価は9%超も下がってしまいました。


私の保有銘柄もファナックのようにならなければ良いのですが、嫌な予感がします。

杞憂に終われば良いのですが。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

【王者の帰還】にほんブログ村のカテゴリー「立会外分売」に再登録しました

こんにちは

最近は、立会外分売が非常に多く、久しぶりに何日も続けて分析を行ってみました。

このブログは、にほんブログ村に登録しているのですが、登録できるカテゴリーに「立会外分売」があるので、登録してみました。

実は、立会外分売カテゴリーには、5年くらい前にわずかな期間だけ登録していていました。

自分で言うのもなんですが、当時は、立会外分売カテゴリーで1位、しかも、向かうところ敵なしの絶対王者でした。

crown


絶対王者とか大げさなんじゃと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、まぎれもなく絶対王者だったのです。

絶対王者というと、最近ではフィギュアスケートの羽生選手、少し前だとK-1のセームシュルト選手などが思い浮かびますが、彼ら以上の無敵の存在でした。

分析が優れているとか毎回の立会外分売をフォローしているとか、そんなことでは絶対王者にはなれません。

当時書いたブログの記事を読んでいただければ、私の言っていることが、嘘でも、大げさでも、紛らしくもないということを納得していただけると思います。


ということで、変てこな煽り記事はこれくらいにしてしておきます

以前のように、ほぼ毎回の立会外分売をフォローする気力はありませんが、ぼちぼちと気が向いたときに分析を行っていく予定です。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード