日経平均14連騰も何もうれしくない・・・

こんばんは

今日も日経平均株価が上昇し、これで14日連続で上がったことになります。

日経平均の14連騰は、56年ぶりで歴代最長記録となるようです。

株式投資をしている人間としては、喜んでいいように思うのですが、私は何もうれしくありません。

なぜなら、私の資産は減っているからです

今日の場合、1,550銘柄程度の株価が上がり、2,100銘柄程度の株価が下がり、日本市場全体では値下がりした銘柄のほうが多かったです。

今日だけでなく、10月は一部の大型株の株価は上がっているけれど、中小型株は横ばい、もしくは、やや下がっているというイメージです。

正直、今の相場は早く終わって、また、8月とか9月前半の相場に戻ってほしいです。
日経平均上がっても意味ないです。

ちなみに、日経平均はだいぶ上がりましたが、企業の業績も良いので、高すぎるという水準ではないと考えています。

ただ、ずっと上昇しているので、どこかで調整が入る可能性は高いと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年9月の日本株の騰落率ランキング

こんばんは

今日は、2017年9月の日本株の騰落率上位の銘柄を見ていきます。
(なお、当月の新規上場銘柄は除いています。)

値上がり率3位は、(8023)大興電子通信で、467円→949円(+103.21%)でした。

事業内容は、富士通特約店で、通信機器、情報システムを取り扱っています。中堅企業向けクラウドビジネスに注力しています。

インターネットセキュリティ技術「AppGuard」がテレビで取り上げられ、その技術を保有するベンチャー企業へ出資していることから株価が上昇しているようです。


値上がり率2位は、(2693)YKTで、194円→478円(146.39%)でした。

事業内容は、機械商社で、スイス、ドイツ製の工具研削盤、測定機器と電子部品実装機の販売が柱としています。

子会社が量子コンピューター関連機器を取り扱っていることが材料視されて、株価が上がっているようです。


値上がり率1位は、(9764)技研興業で、192円→477円(148.44%)でした。

事業内容は、道路法面保護など特殊土木工事と消波ブロックの型枠レンタルが主力となっています。

電磁波シールド工事を手掛けており、北朝鮮メディアがEMP(核電磁パルス)攻撃に言及したことを受けて株価が上昇しているようです。

今回は、やや地味系の銘柄の隠れた材料がメディアに取り上げられるなどして注目されだしたというケースが多かったです。

一応、業績も黒字なので、いつもの月よりは買いやすい感じはしましたが、とは言え、やっぱり事前に買うのは大変そうです。

なお、ランキング3位には入れませんでしたが、ランキング上位に私の保有銘柄や買うことを検討していた銘柄が多く入っていました。

9カ月この企画を続けてきましたが、ランキング上位に入る銘柄を事前に予想して買うのは大変難しく、事前に割安の銘柄を買っておいて、偶然、隠れた材料が出てきて株価が急騰するというパターンを実現するしかなさそうな気がしてきました。

にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

最近は、良く図書館で投資の本を借りて読んでいます

こんばんは

もう秋ですね。
読書の秋(?)ということで、最近は図書館で本を借りてきて読むことが多いです。

図書館で本を借りるメリットは、なんと言ってもお金がかからないことです。

反面、人気のある本は予約がいっぱいでなかなか読めない、読むことができる期間が限られているというデメリットがあります。

投資の本は、値段が高い本(特にパンローリング)が多いので、まず、図書館で借りてきて読んでみて、良い本であれば買うというスタンスにしています。

今年は、いつもに増して読書の意欲が高く、投資の本もここ数年で1番読んだかもしれません。

以下、借りてきた本です。

株の入門書として非常に評判が良く、気になったので読んでみました。
人気がありすぎて、予約してから1年くらいしてやっと借りれましたが、評判通り良い本でした。

あっさりしていて読みやすいので、初心者向けに1番おすすめの本です。

とても有名な本ですが、分量が多すぎて全部読めていません。
この本はあまりに値段が高いので、借りて読むのが正解とは思うのですが。


かなり怪しいタイトルですが、(マニアの間で?)評判の高い本です。
分量が多くて全部読めませんでしたが、また借りたいと思います。


有名な個人投資家が書かれた本です。
読みやすく、なるほどと思えることが書かれていますが、いろいろと内容を詰め込み過ぎている感もありました。

簡単に読めるので、図書館で借りるのがおすすめです。


図書館で見つけて、おもしろそうに思ったので借りてみました。
vol5まであるようです。

成功している人だけでなく、始めたばかりの人のことも書かれているので、同じタイプの本なら「マーケットの魔術師」のほうがおすすめです。

ただ、この本は、日本の投資家について書かれているのでわかりやすいということと、本の値段が安いというメリットがあります。


ウォーレン・バフェットが絶賛したという本です。

大きなファンドを運営する著者が投資に対しての考えを書いたものですが、とても重厚な内容となっています。
読み進めるのがかなり大変で、小学校とか中学校で校長先生の話を聞いていたときのことを彷彿とさせます・・・


グロース投資でかなり有名な本です。

予約の関係で、上記「投資で一番大切な20の教え」と同時期に借りることになったので、半分くらいしか読めませんでしたが、かなりすばらしい内容でした。

もう1回借りて全部読む予定です。





最後まで読めていない本もありますが、読むのが嫌になったわけではなく、忙しかったり、分量が多くて読めなかったので、また機会を見つけて読むつもりです。

また、気が向いたら、個別の本について、おすすめの書籍で、簡単に内容を紹介します。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年8月の日本株の騰落率ランキング

こんにちは

今日は、2017年8月の日本株の騰落率上位の銘柄を見ていきます。
(なお、当月の新規上場銘柄は除いています。)

値上がり率3位は、(2588)プレミアムウォーターホールディングスで、610円→1,280円(+109.84%)でした。

事業内容は、富士山天然水を製造・販売です。

仮想通貨を用いた資金調達ICOを行うことが材料視されて、株価が上昇しています。

仮想通貨関連で株価が大きく上がる銘柄は多いですが、今回は新しい資金調達方法ということでなかなか興味深いです。うまくいくようであれば、同じ方法で資金調達する会社が増えてくるかもしれません。


値上がり率2位は、(6719)富士通コンポーネントで、465円→1,003円(115.70%)でした。

事業内容は、リレー、タッチパネル軸にサーマルプリンタや無線モジュール展開です。

電気自動車に使用される技術を持っていることが注目されていることや富士通の事業再編の思惑などが材料視されて、株価が上がっているようです。


値上がり率1位は、(3441)山王で、838円→1,828円(118.14%)でした。

事業内容は、電子機器用コネクターのメッキ加工です。

導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法に関する特許を取得したことが材料視されて株価が上昇しました。

この会社はもともと水素製造技術で注目されていますが、今回はまた別の特許が出て、いろいろと話題が豊富のようです。


先月は、どの銘柄も2倍ちょっとの上昇といつもよりやや控えめな上昇でした。

先回って買うのが難しい銘柄ばかりでしたが、興味深い銘柄が多かったです。

特に、プレミアムウォーターのICOがうまくいくかどうかに注目しています。


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

父がIPO(UUUM)を割り当ててもらったそうです

こんにちは

先日、実家の父親から久しぶりに電話がありました。

話題のIPOの(3990)UUUMに当選したとのことでした。
(実際は、当選というか対面証券に割り当ててもらったようです。)

ブログ上では当選報告を良く見ますが、これだけのIPOに当たったのはリアルの知り合いでは初めてです。
(20年くらい前に中学の先生がJR東日本に当選し、初値が高騰していたことを喜んでいましたが、UUUMはそれをはるかに超える大物と思われます。)

一応、身内なので、話題のIPOの割当があったことはうれしいですが、反面、私は父より長くIPOに応募し続けているのに目ぼしい当選がないので悲しいという複雑な気分です。

私と父のIPOの応募方法は違って、
私:たくさんネット証券を開設し、たくさん応募
父:対面証券で割当をお願いする、ネット証券でも少し応募
です。

結果を見るに、対面証券で割当を狙うほうが良いのかもしれません。

とは言え、これまで父も順調にIPOの割当があったわけではありません。

父「IPO当たったでー。」
私「それ、リート・・・」

父「IPO当たったでー。」
私「超大型株・・・(しかもJDIという糞株)」

という経緯を経ているので、悲願の割当なのです。


なにはともあれ、水曜日のUUUMの上場は楽しみです。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : IPO
ジャンル : 株式・投資・マネー

悪天候で2,400億円の損失??

こんにちは。

最近は、時折、北朝鮮の問題が話題になって、株式市場も振り回されていますが、私は特に気にしていません。

戦争になることはないと思っているからです。
この話題は、また状況が緊迫することがあれば取り上げたいと思います。

さて、本題に入って、全然違う話になるのですが、最近は、雨の日が多く、梅雨みたいな感じで、家にひきこもりがちです。

天気が悪いと外に出かけにくいので、消費が減って、企業の利益にも影響が出そうです。

YAHOOにも、日照不足で2,400億円の損失か?というニュースが載っていました。

実際は、天気が悪くて家にいれば、通販の売上が伸びるとかお金を節約できる面もあると思うので、損失なのかどうかは良くわかりません。

とは言え、少なくとも農業や屋外にあるレジャー施設、アパレルにとっては、かなりの減益要因になりそうです。

関連企業の業績や株価がどうなるか、しばらく注目してみようと思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

東京オリンピック開幕まであと3年を切って、オリンピック関連銘柄の動きは??

こんにちは

2020年の東京オリンピックは7/24に開催することが予定されており、開催まであと3年を切りました。

オリンピック関連銘柄の値動きを毎年追っていますが、今年も同じように見ていきたいと思います。
(前回の分析の記事は、こちらです。)

ということで、私が勝手に選んだオリンピック関連銘柄について、昨年の分析時(8/12)からの動きを見てみます。

銘柄名2016
8/12終値
2017
8/4終値
騰落率
鹿島75097930.5%
清水建設9931,17918.7%
大成建設8141,08833.7%
大林組9991,35035.1%
ショーボンド4,5605,99031.4%
ピーエス三菱35353852.4%
ミズノ53263719.7%
デサント1,1371,44727.3%
アシックス2,1131,941-8.1%
ゼビオ1,5172,12239.9%
日経平均16,91919,95217.9%

去年の今頃は、ブレグジットの影響で日本市場全体が低迷しており、その後回復したことから、全体的にパフォーマンスが良くなっています。

注目すべきことは、アシックス以外の銘柄のパフォーマンスが全て日経平均を上回ったということです。

業績も軽く確認してみましたが、18年度の予想業績は、前年度から横ばいかやや落ちる銘柄が多かったので、業績で買われているわけではなさそうです。

ということで、あくまで私見ですが、オリンピックが近づいてきたことで、関連銘柄の物色が少しづつ進んできているのではないかと考えています。

PERを軽く確認してみた感じでは、まだ割高の水準になっている銘柄は少なかったので、今から買うという選択肢もありますが、できれば株価が安くなったタイミングで仕込みたいところです。


ちなみに、上記銘柄の中で、私のイチオシは、ショーボンドです。
(イチオシというかチャンスがあれば買おうと思っていました。)

ショーボンドは、業績好調、また、日本のインフラの老朽化もあり、オリンピック後も期待できると考えていたからです。

しかし、株価がだいぶ上がってしまったので、手を出しづらくなってしまいました・・・


にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年7月の日本株の騰落率ランキング

こんばんは

今日は、2017年7月の日本株の騰落率上位の銘柄を見ていきます。
(なお、当月の新規上場銘柄は除いています。)

値上がり率3位は、(3390)INESTで、71円→157円(+121.13%)でした。

事業内容は、携帯電話の販売、システム開発です。

月初に第三者割当増資の発表があって、自己資本の増強を好感したようですが、その後も株価が上がり続けています。


値上がり率2位は、(9318)アジア開発キャピタルで、8円→22円(175.00%)でした。

事業内容は、金融、投資事業です。

子会社がヤマダ電機と委託契約したなどの材料があったようです。
ただ、この銘柄は超低位株なので、材料というかちょっとしたことで、株価が大きく動きそうです。


値上がり率1位は、(4316)ビーマップで、528円→1,982円(275.38%)でした。

事業内容は、鉄道など交通関連、位置情報、画像配信事業、無線LAN設置などです。

ジェイアール東日本企画などと共同で新会社を設立すると発表した事が材料視されたようです。


7月は、低位株、赤字、継続疑義の注記がある銘柄など、いつもにまして、ギャンブル色の強い銘柄が騰落率3位を独占しました。

どう考えても、事前に買えるような銘柄はありませんでした・・・

こういった銘柄を売買して利益を出される方はすごいと思いますが、私が手を出してうまくいくイメージは全くわきませんね。

(以前、こんな感じの銘柄を一度だけ試してみたことはありますが、それからは近寄らなくなりました。)
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ドル円と日経平均の相関関係が弱まってきている??

こんばんは

最近は、日本市場には大きな動きはありませんね。
底堅いというか、伸び悩んでいるというか、何とも言えない感じです。

好調な企業業績や政権の支持率低下など材料はあるので、いつ大きく動いてもおかしくないとは思うのですが。

currency


さて、本題に入って、輸出企業が多いことや海外の売上が増えていることから円安になると日本株市場に有利に働くことが多く、円安になると日本株が高くなる傾向があることは良く知られています。

しかし、最近数か月は、日経平均があまりドル円の状況に左右されていないように感じます。

このページで相関関係が見れるので、確認してみましたが、確かにこの30日間の相関係数は0.10で、かなり弱いです。

年金や日銀の日本株買いで市場がゆがめられた結果と考えている人もいるようですが、果たしてどうなんでしょう?

個人的には、今の状態は一過性のもので、また元のように、日経平均とドル円の連動性は高くなると考えています。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年6月の日本株の騰落率ランキング

こんにちは

今日は、2017年6月の日本株の騰落率上位の銘柄を見ていきます。
(なお、当月の新規上場銘柄は除いています。)

値上がり率3位は、(8105)堀田丸正で、189円→557円(+194.71%)でした。

事業内容は、洋装、和装などの卸売業です。

RIZAPの子会社になることが材料視されているようです。
発表自体は5月にあったようですが、6月も株価の勢いは止まらず伸びています。


値上がり率2位は、(4563)アンジェス MGで、247円→780円(215.79%)でした。

事業内容は、遺伝子治療薬を開発している創薬ベンチャーです。

今年10月をめどに遺伝子治療薬の製造販売の承認を厚生労働省に申請すると報じられたことが材料視されているようです。


値上がり率1位は、(5721)エス・サイエンスで、38円→138円(263.16%)でした。

事業内容は、ニッケル生産、学習塾、不動産など多岐に及んでいます。

この銘柄については、株価が上がった原因を調べてみましたが、良くわかりませんでした。

某掲示板では、ニッケルとかレアメタルに関する材料があるようなことが書かれていますが、真偽はわかりません。
仕手筋が入ったというような情報もあったりとはっきりはしませんが、もともと数十円レベルの超低位株で株価が動きやすいこともあってかマネーゲーム化しています。

今後の株価の動きも含めて、また後日に確認してみようと思います。


いつも通りですが、6月の3銘柄は、事前に買えるような銘柄ではありませんでした。

エス・サイエンスは上がった理由もわからないほどなので買えるはずもなく、アンジェスも新薬が簡単に承認されるとはとても思えないです。

堀田についてもピンと来ないのですが、RIZAPの子会社になった銘柄の株価は上がるケースが多いので、今後、RIZAPが買収しそうな銘柄を調べてみるのもおもしろいかもしれません。

ただ、RIZAPが買収する銘柄は、業績が悪かったり、上場維持が怪しくなっているようなボロ株が多いので、実際に事前に投資するというのはなかなか勇気がいると思います。
にほんブログ村に参加しています。
(おもしろかったら、クリックお願いします。ブログを書く励みになります!)
    ↓↓
            このエントリーをはてなブックマークに追加
                     |HP|
--------------------------------------------------------------

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

広告

プロフィール

トレーダー見習い

Author:トレーダー見習い

週休5日生活を夢見て、投資(主に日本株)を行う男性会社員です。

このブログでは、実際のトレードを検証しながら投資手法を確立していく予定です。

Let's 金持ち!!!

カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
にほんブログ村
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスカウンター
サイト内検索
広告


月間アクセス元ランキング
相互リンク集
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめの本

おすすめの証券口座
<管理人のメイン口座>
楽天証券
取引ツールのマーケットスピードが使いやすい。
楽天ポイント、楽天銀行など他の楽天のサービスと併せて使うのがおすすめ。

<管理人のサブメイン口座①>
【マネックス証券】
IPOは、1口座1抽選権の完全平等抽選。
取引額が少ないときの手数料安め、画面もシンプルで使いやすい。

<管理人のサブメイン口座②>
SBI証券
取扱商品、サービスが非常に多い。
IPOの引受数も多く、多くの銘柄に応募できる。